全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 Hello!!24ギタースクール スクールブログ ■ギターの調整...

■ギターの調整。。。

「ギターのチューニング」について色々とお話しさせていただきましたが、もう2つ!ギターの調整ネタを!(^^)


まず…
*「オクターブチューニング」を合わせる!


ギターは普段何も押さえずに解放弦を鳴らしてチューニングを合わせますよね。
では、お手持ちのギターの12f(ちょうど1オクターブ上の音になります)を押さえて鳴らしながらチューナーのメーターを見てみてください。

ん??解放弦(0f)だとぴったりなのに、12fの音は高かったり低かったりしてませんか??
そうなんですギターの特性上、フレットを押さえて音を鳴らしてるとチューニングがずれてたりするんです。
これを直すのが「オクターブチューニング」の作業です!

まず、12フレットの上でポーンとハーモニクスを鳴らしてみてチューニングがぴったりになるように合わせてください。
そしてそのあと実際に12fを指で押さえて音を出してみてください。
(※画像右下参照)
ほんとはここでどちらも音程がそろってるのが普通なんですが、ギターを普段使ってると気温や湿度なんかでどうしてもずれてしまいます…。

そんな時は…
ギターのブリッジサドル(ブリッジにある、各弦をひっかけているコマの部分)の位置を調整すれば「オクターブチューニング」を行うことが出来ます☆


12fの音を両方鳴らしてみて、
■ハーモニクスより実音の方が高い場合…↓
サドルをボディー側に動かします。
■ハーモニクスより実音の方が低い場合…↓
逆にサドルをネック側に動かします。
(※画像左下参照)


これはギターによっていろいろ使う用具が異なるので、皆さん手持ちのギターで確認してみてください!
ちなみに写真のはストラトキャスターなので、プラスドライバーで作業を行えます(^^)

これがずれてると低い場所(1〜3f付近)で音を出してるときはいいんですが、高いフレットで弾くにつれてどんどんズレが大きくなってしまい気持ち悪い響きになってしまうんですよね…。
普段からこまめにチェックすることをお勧めします(^^)




そして、もうひとつ…
*ギターのネックの反りを直す!


ギターはほとんどが木でできてるんですが、いくら固い木でも弦をピーンを張ってるとギュッと引っ張られて、ネックとボディーの間にすごい力がかかってます(数十キロかかってるらしいです)。
なので、ネックは本来まっすぐであるのが理想なんですがこの力によってちょっと反り曲がってしまうんですよね。

この反りを確認する方法…
すごく原始的なんですが…まずボディーを手で軽く押さえて、ギターのネックが平行に見えるように覗き込んでみてください。
(※画像左上参照)
この写真はまっすぐに調整してますが、結構この目での確認でもネックの反りは確認出来ます。
このように立ってみなくても、平らな台などにギターをのせて覗き込んでも大丈夫です。

ここでもしネックが反り曲がっていたら…
ギターのネックの中には、ネックの反りを調整するトラスロッドという棒が入っています。
この棒を六角レンチなどでぐいっとまわして反りを調整するのです!
(※写真右上参照)



■ネックが弦から離れるように谷型にそってる場合(順反りといいます)…↓
トラスロッドを時計回りにまわしてください。
■逆に弦に近づくように山型にそってる場合(逆反りといいます)…↓
トラスロッドを反時計回りにまわしてください。


このトラスロッド、固くて力を入れないと回らないので「ネック折れないかな…」と心配になると思うんですが(笑)
4分の1周回すくらいを目安にガッと回しても大丈夫です(^^)
(あまり激しくやるのは禁物です!)
あと画像はストラトキャスターのヘッドにこのトラスロッドが露出しているタイプなので気軽に行えるんですが、ギターによってはカバーの中に入ってたりネックの一番付け根部分にあってネック自体取り外さないと調整出来ないものもあったりします…。
お持ちのギターで確認してみてください!




思わず長くなりましたが…(笑)
日々の細かな手入れでギターの音は絶対によくなります(^^)
とくに湿度も高く温度差も大きい日本では結構ギターに色々悪影響があったりするので…(木で出来てますからね)
皆さんも色々ギターの調子を見てあげてください(^o^)/



長々と読んでいただきありがとうございました!



*ニシカワ*

■ギターの調整。。。

(2012年10月22日(月) 20:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

歌モノのギターならおまかせ!ゼロ~プロギタリストの心構えまで

Hello!!24ギタースクール
西川信幸 (エレキギター)

渋谷・新宿・溝の口・登戸・立川・調布・聖蹟桜ヶ丘・向ヶ丘遊園

ブログ記事 ページ先頭へ