全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

60分あたり4,300円〜の
低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 プログレス・ギタースクール スクールブログ ギターはクリー...

ギターはクリーントーンで練習をするべきか?


先日、レッスンをしていて「練習の時は歪ませない方が良いですか?」と質問されました。

意外と聞かれる事も多いので、ブログに書いちゃいますね。

これは、どんな音楽をやりたいか、どんな練習をするかによると思います。

たとえば、ジャズ系の音楽に進みたい人は、クリーントーンで練習をすれば良いと思いますが、
ロックやメタルのようなジャンルの音楽をやりたい人は、練習中から歪ませる方が良いでしょう。

また、ロックをやっている人でも、アルペジオやコードストロークの練習をする時はクリーントーンで
弾く方が良いですし、リフやソロの練習をする時は歪ませた方が良いですね。

普段から歪んだ音で練習をしていないと、いつまでもミュートが出来るようになりません。
クリーントーンでしか練習をしていなかったら、歪ませた時にノイズだらけのひどい演奏になると思いますよ。

練習内容にもよりますが、自分の弾きたいジャンルの音で練習をするべきです。

ただ、必要以上にエフェクトをかけて練習すると、自分が実力以上に上手くなったと錯覚してしまうので、
空間系のエフェクターはあまりかけない方が良いかもしれませんね。


 

(2012年10月18日(木) 16:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド活動・サポートの傍ら講師の経験も。ロック・ブルース~フュージョン

プログレス・ギタースクール
星優典 (エレキギター)

渋谷・新宿・吉祥寺・初台・幡ヶ谷・笹塚・明大前・上北沢・千歳烏山・調布・府中・聖蹟桜...

ブログ記事 ページ先頭へ