全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 G-Licks ギタースクール スクールブログ 「リディアンと...

「リディアンとミクソリディアン」

はいはい
すっかり秋ですね。。

日中は、まだ暑かったりするけど、
ほんのちょっとすれば、温泉が恋しくなったりする季節になるのだろう


んでもって、今日のコラム。。

作曲の講義のアイディアを探して、
リディアンスケールを用いた有名な楽曲を検索していたところ、
リディアンの上手な使い方、的なページに行き着いた

ギタリスト的に、
♯4の音は聴感上、ファジィでオシャレな響きのするノートだけれど、
そのジャズ理論の解釈では、

例えば in C では、
ド、ミ、ソのトライアドと一緒に、
ファ♯、ラ、ドのF♯m♭5thのトライアドとして弾く、
というモノ。。

スケール内の音を、それぞれのトライアドに当てはめて和音的に分散して弾くのは、
ラリー・カールトンなどが用いているアプローチ。。

まぁ、やってみるとカッコいい、コレがw

ってな訳で、
すぐに、作りかけの宮森セーラさんの新曲に応用してみる。。

テーマのフレーズをリディアンでまとめてしまうw


んで、また別の日のコト…

G-Licksの川中くんのレッスンの待ち時間に、下北沢のトライトーン・スタジオにて、
ギターマガジンに載っていた、トモ藤田さんのレクチャーを目にする。。

ミクソリディアンという音の羅列をスケール的に、ただ単に弾くのではなく、
♭7thコードのトライアドと解釈して弾く、という考え方。。

ここでも、in C とするなら、
ド、ミ、ソのトライアドと、
B♭のトライアドのシ♭、レ、ファを弾く。。

B♭のトライアドは、Cに対して、
♭7th、9th、11th、になるので、
和音を崩したアプローチをすると、
やはり、単なる上行、下行とは違う響きになるのだ
(音使いはミクソリディアンでは、あるのだ)


という、
最近発見した、和音アプローチ
なのでしたw


どうしても”フレーズ”という選択で入ってしまうため、
視点を変えるのは、良いコトだ。。

という、
秋の夜長にふさわしいお話??、
でした。。


まぁ、そんな訳で、
未だ解決していない、、、
リディアンスケールを用いた、良いメロディの楽曲があったら、
ぜひボクにおしえてください。。。




コレ、落ちてる?w

「リディアンとミクソリディアン」

(2012年10月5日(金) 23:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽監督としても活躍。悩みは技術・機器に詳しい先生と解決!

G-Licks ギタースクール
加納修 (エレキギター)

新宿・吉祥寺・幡ヶ谷・笹塚・明大前・下北沢

ブログ記事 ページ先頭へ