サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 G-Licks ギタースクール スクールブログ 「リディアンと...

「リディアンとミクソリディアン」

はいはい
すっかり秋ですね。。

日中は、まだ暑かったりするけど、
ほんのちょっとすれば、温泉が恋しくなったりする季節になるのだろう


んでもって、今日のコラム。。

作曲の講義のアイディアを探して、
リディアンスケールを用いた有名な楽曲を検索していたところ、
リディアンの上手な使い方、的なページに行き着いた

ギタリスト的に、
♯4の音は聴感上、ファジィでオシャレな響きのするノートだけれど、
そのジャズ理論の解釈では、

例えば in C では、
ド、ミ、ソのトライアドと一緒に、
ファ♯、ラ、ドのF♯m♭5thのトライアドとして弾く、
というモノ。。

スケール内の音を、それぞれのトライアドに当てはめて和音的に分散して弾くのは、
ラリー・カールトンなどが用いているアプローチ。。

まぁ、やってみるとカッコいい、コレがw

ってな訳で、
すぐに、作りかけの宮森セーラさんの新曲に応用してみる。。

テーマのフレーズをリディアンでまとめてしまうw


んで、また別の日のコト…

G-Licksの川中くんのレッスンの待ち時間に、下北沢のトライトーン・スタジオにて、
ギターマガジンに載っていた、トモ藤田さんのレクチャーを目にする。。

ミクソリディアンという音の羅列をスケール的に、ただ単に弾くのではなく、
♭7thコードのトライアドと解釈して弾く、という考え方。。

ここでも、in C とするなら、
ド、ミ、ソのトライアドと、
B♭のトライアドのシ♭、レ、ファを弾く。。

B♭のトライアドは、Cに対して、
♭7th、9th、11th、になるので、
和音を崩したアプローチをすると、
やはり、単なる上行、下行とは違う響きになるのだ
(音使いはミクソリディアンでは、あるのだ)


という、
最近発見した、和音アプローチ
なのでしたw


どうしても”フレーズ”という選択で入ってしまうため、
視点を変えるのは、良いコトだ。。

という、
秋の夜長にふさわしいお話??、
でした。。


まぁ、そんな訳で、
未だ解決していない、、、
リディアンスケールを用いた、良いメロディの楽曲があったら、
ぜひボクにおしえてください。。。




コレ、落ちてる?w

「リディアンとミクソリディアン」

(2012年10月5日(金) 23:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽監督としても活躍。悩みは技術・機器に詳しい先生と解決!

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

さてさて、 突然ですが、 今日は、自分のお手本、エリック・ジョンソンのアプローチを検証してみたいと思いますw 彼がロック・チューンを演奏する場合、 アプローチの核となるのはペンタトニックですが、ホントに見事で、流麗なラインを形成しています 特徴的なアプローチは、い...

はいはい いかがお過ごしでしょうか?? 先日、 スーパートライアングルのギタリスト、熊川くんに誘われて、マイケル・ランドウのジャパンツアー(@コットンクラブ、東京)に行って参りましたv ギタリストの方は、知っていると思いますが、 マイケル・ランドウは”Guitarist ...

はいはい すっかり秋ですね。。 日中は、まだ暑かったりするけど、 ほんのちょっとすれば、温泉が恋しくなったりする季節になるのだろう んでもって、今日のコラム。。 作曲の講義のアイディアを探して、 リディアンスケールを用いた有名な楽曲を検索していたところ、 リディア...

はいはい すっかり秋ですね。。 日中は、まだ暑かったりするけど、 ほんのちょっとすれば、温泉が恋しくなったりする季節になるのだろう んでもって、今日のコラム。。 作曲の講義のアイディアを探して、 リディアンスケールを用いた有名な楽曲を検索していたところ、 リディア...

はいはい 今日は、夏日だったようですね。。 さて今回は、今なお影響を与え続けるギターヒーロー、マイケル・シェンカーについてのお話。。 (突然ですがw) 先日、レッスンの資料作りで、 ナチュラルマイナー・スケールのフレーズサンプルを探しておりまして。。 自分が思う...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ