サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 bienn guitar school スクールブログ 魂のチョーキン...

魂のチョーキングその壱

今日はチョーキングのお話。


チョーキングはギターにとってすごく重要なテクニックなんです。
時には熱く、時には甘く、時には哀しく。
自分の感情を表現するうえでもっとも有効な手段のひとつです。


チョーキングとは押さえてる弦を引き上げる、または引き下げて
弾いた音程を上昇させるテクニックです。
海外ではベンド・アップなんて言ったりもします。


下げてるのに音上がるなんてややこしい!


なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが
どちらも弦を引っ張っているので音程が上がるんです。


また、引っ張っている状態から元に戻し、音程を下げるやり方もあります。
これをチョーク・ダウン、またはベンド・ダウンと言います。


更にややこしくなってきましたね。
まぁ要は押さえてる手で弦を引っ張ったり戻したりして音程を変化させていくのです。


その引っ張る行為が自分の感情も持ち上げてくれるんですよー。
くぅー!


さぁ、そんなチョーキングも気持ちが入りすぎて
力んでしまったりするとあまり良くありません。


音が安定しなかったり、途切れてしまったり・・・
何事も力んでしまうのは良くないんですね。


なので今日は力まず安定したチョーキングが出来る方法をご紹介します!




と、思ったのですがちょっと前置きが長くなってしまったのでまた次回に!(笑)


タイトル見て薄々感じてた方もいるかもしれませんね(笑)


ということで


乞うご期待!

 

(2012年9月25日(火) 9:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

5歳~50代の方まで幅広く指導。具体的な目標探しからじっくりサポート

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

久しぶりの更新となってしまいましたが今回は練習時のちょっとしたアドバイスを。 皆さんはエレキギターを弾く時はアンプに繋ぎますか? 毎回アンプに繋いで練習するって人は少ないと思います。 ちょっと面倒だし、アンプなんか家で鳴らしたらうるさいですからね(笑) なので何も繋...

このスクールの名前の由来にもなった鼻炎。 そして今年の花粉は絶好調なようで。 そのダブルパンチで 僕の鼻は爆発寸前でございます。 さて、前回レス・デューデック氏について記事を書きましたが 彼はスライドギターの名手でもあるので 今回はスライドギターについて触れてみたい...

先日、レス・デューデックというギターリストのライブを見て参りました。 彼はボズ・スキャッグス・バンドやスティーブ・ミラー・バンドの初期のギターリストで、オールマン・ブラザーズの名作「ブラザーズ・アンド・シスターズ」のレコーディングも参加(『ジェシカ』、『ランブリン・マン』で知られてます)。 ...

気付けばもう2月 まだまだ寒い日が続きますが、立春も迎え、暦上では春となりました。 春は新たなスタートの季節 そこのあなたもギターと共に新たなスタートを切りませんか? うん、なんか怪しい勧誘みたい。 なぜこんな事を書くかと言うと ただいま入会金無料キャンペーン実...

皆様、新年明けましておめでとうございます。 今年も多くの人にとって幸せな年になることを願っております。 先日は都内も大雪に見舞われ大変でしたね。 皆様ケガや体調を崩さぬようお気をつけ下さい。 そんな大変な幕開けではございますが、今年は新しい事にどんどんチャレンジし、更なる向上を...

ブログ記事 ページ先頭へ