全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ 弦について

弦について

こんばんは!

世間はお盆休みで帰省される方も多いでしょうか。

都内は比較的空いていて、いつも混んでいる時間帯の電車でも、ゆったり座ることができたりしますね。

さて、今日は弦についてお話しようと思います。

ぼくが使用している弦は
エレクトリックギター
0.10~0.46
0.11~0.48(0.49)
アーニーボールまたはダダリオ、エリクサー
アコースティックギター
0.12~0.54
マーティンのSPまたはエリクサー

です。

エレクトリックギターでも
ストラトキャスターやレスポールなどポップス、ロックで歪ませることもある場合は
0.10~セット
ジャズでクリーントーンで使う機会が多い335は
0.11~セット
を使用しています。

※よく最初のエレキギターのセットには0.09〜張ってあるものが多いですが、テンションが弱く、押さえやすい反面、チューニングが若干不安定なので、0.10以上を使用しています。

でも逆に0.11で歪ませるとかなり太い音になるので、場合によっては主役になりすぎてしまうというか、重量感がありすぎてしまうので、ポップスやロックのバッキングなどには0.10くらいがちょうど良い感じがしますね。

あとは、エリクサーというコーティング弦は、錆びないから経済的!

夏などでよく手汗をかく場合には、すぐに弦が死んでしまうので、錆びないコーティング弦はまめに弦交換しなくてすむので、楽ですよ〜


もちろん、弦の太さやメーカーも人それぞれの好みがあるので、絶対的なオススメはないのですが、死んだ弦だけは、早く交換することをおすすめします。

錆びたり、黒くくすんだ弦だと手触りが悪いのもありますが、ピッチ感というか、倍音も整わなくなってしまうので、綺麗に音が鳴らなくなってしまうのです。(弦を交換したばかりのバリッとした音が嫌いという方もいらっしゃいますが)

初心者の方は弦を張り替えるだけでも、なかなか大変だと思いますが、なるべくまめに手入れをするようこと!
また、弦交換にも慣れてきた人は、いろいろな太さの弦、メーカーを試してみると、好みの音色がはっきりしてくると思いますよ!

 

(2012年8月13日(月) 20:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バークリーの奨学金もパスした実力派!レコーディングにも精通

ビタミン・ギタースクール
三田村和義 (エレキギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下北沢・高...

ブログ記事 ページ先頭へ