全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 BigCat エレキギター教室 スクールブログ 初心者が三ヶ月...

初心者が三ヶ月でギターを挫折する傾向と対策。

何かの曲を聞いて衝撃を受けたからギターを弾いてみたい!

とか、

バンドやってみたい!

とか、

理由はなんでもいいのですが、誰もが初めて手にしたギターに夢を膨らませドキドキしながら触り始めるものです。

でも、上手く音が鳴らない
とか、
一ヶ月練習しても上手くなる気配が無い、
と挫折してしまう方も多くおられます。

上手く弾けない原因は色々とありますが、最初にする事はたった一つだけです。

そのたった一つだけを三ヶ月間続ける事で、気がつけばギターで音を出す事に慣れて、ギターを弾く事が楽しくなってきます。

現在、50名/月ほどの生徒さんにギターレッスンを受けていただいていますが、その中でも半数が初心者スタートです。

仕事や家庭の事情で続けられなくなった以外で、ギターが弾けないから、とか、楽しくないからといった理由で辞められた方は過去に一人もおりません。

そんな経験から得た、初心者が三ヶ月で挫折するギターの傾向の原因は凡そ一つの理由に絞られます。

それは。


「我慢」


です。

長く続けていれば弾ける様になる。
それは当たり前で、じゃあ続けるための我慢?


ちゃうちゃう。


答えは。


指先の痛みの我慢。


これに尽きます。

ギターの弦は鉄で出来ています。
太さ数ミリ、もしくはミリ以下の細いするどい針金を、柔らかい指で押さえれば、そりゃーものごっつい痛いのです。

ギターを持っていない方は、試しに釣り糸を指先に3分間ぎゅーーーーーーーと押し付けてみてください。
途中で釣り糸を左右に動かしてみてください。
摩擦と圧迫で指先が切れそうになるでしょ?
つか、想像するだけで痛いw

でも、弦を押さえると言う事はそういう事で、その痛みを我慢しないと音は鳴らないのです。
ギターを弾く事に慣れるにしたがって、押さえる力も最小限になり、指先も固くなって痛みもなくなっていくのですが、なにぶんギターを一度も触った事が無いから初心者なので、その力加減もわからないわけです。

でも、力を入れると痛い。

「ギターってこんな痛いものなんですか??」

と言われる方が非常に多いです。

俺「痛いです(笑」

とはっきり答えるようにしています。

その痛みを我慢できずに、また、ギターを弾くのに痛いわけがないと思い込み、痛くない力で弦を押さえてしまう。
そして、今までやった事が無い指の形で弦を、ネックを押さえるので力が入りにくいのも伴い、押し弦力不足で音がならないのですね。

なので、レッスンの時に生徒さんにコードや音を押さえてもらって、「ちょっと痛いですよ?」と断った上で、その上からぎゅっと押さえ込んだ上でストロークなりピッキングをしてもらうことを良くやります。

そうすると「鳴る」んですねー。

多少コードを押さえるフォームが不格好でも「鳴る」んですね。


かれこれギターを20数年以上弾いてきて、指先も縫い針が5mmぐらい刺さってもまったく無痛なぐらいのタコが全部の指にできてますが、それでもレッスンや練習で一日8時間程弾くと、ビリビリを痺れるような痛みがでてきて、触れる事すら痛い時があります。

ギターを3年程弾き続けると、ある程度指も動きはじめコードもたくさん押さえられるようになります。
そして、指先も固くなり力加減も覚えてきます。
それほど力をいれなくても、ギターの音は鳴るようになります。

実際には、弦を押さえるのに力はほとんど必要ありません。
弦とフレットが触れれば音程を伴う音がでます。
その際に、ピッキングの力に負けない程度の力で弦を押さえる事で、音がビビらずに出てきます。
力を入れるすぎるとピッチが高くなるし、1曲4分間握力全開で押さえていればライブどころの騒ぎじゃなくなりますからねw

でもそれはあくまで、「ギターを弾く事に慣れてきた/弦を押さえる事に慣れてきた」段階であって、初心者で慣れていないうちは「音を出す事に注力」する事が大切です。

とにかく、音がでない事には何も始まらないのが楽器ですからね。

そして、弦を押さえる痛みを理解して、それに伴う音が出る感覚をつかむ。

音がでれば後は人差し指と小指だけつかったパワーコードを覚えれば1週間1回/40分〜60分のレッスンで、自宅練習ほぼ無しで1ヶ月(合計時間4時間)あれば1曲通す事ができます。
早い人だとその1回のレッスン中に弾ける様になります。
嘘じゃなく、実際にウチの生徒さんの大半はそのぐらいの期間でパワーコード白玉(全音符)、ソロ無し限定ですが、フルコーラスを弾ける様になっています。


まずは、そこからです。

Fのコードとか、ソロのフレーズがというのはまず簡単な音が出せる様になって、更に1曲なにか通せる様になってからの話です。

いきなりオリンピックには出られませんからねw


そうやって簡単に1曲通せる楽しさと、ギターの弦を押さえて音がでる感覚さえつかめば、3ヶ月で挫折する事はまずありません。

8分音符でブリッジミュートを混ぜたり、ソロに挑戦していくのはその後でも十分です。
まずは、パワーコード全音符ソロ無し縛りだけで3曲程、CDに合わせて通せる曲を持つ事。

やっぱり好きな曲のCDに合わせて弾けると楽しいですからね。
「あ!今コードをまちがった!もういっかい!」
とか、自律した練習にも自然とつながっていきますからね。


では実際にどうやってそんな短時間で1曲通せる様になるのかは、是非体験レッスンに来ていただき体感してください。

目から鱗の弾き方と考え方でギターを弾く事がもっと楽しくなりますよ。






 

(2012年7月18日(水) 11:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

演奏だけでなく、業界話や演奏動画の作り方など色々教えます!

ブログ記事 ページ先頭へ