全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ 愛着

愛着

こんばんは。

今日は珍しく一人でお酒を呑んだりしています。


、、、、、僕のレスポールが余命宣告されてしまったからです。


僕のレスポールは91年製のギブソンレスポールクラシックで
ピックアップをセイモアダンカンのJBと59に変えている以外は高校1年生の購入時からそのまま使っています。(一度ヘッドを折ってしまい、修理したことはあります。)


当時、お小遣いとアルバイトのお金を貯めて、やっとの思いで購入したときは、興奮して寝れなかったことを今でも昨日のことのように思い出せます。


レスポールを使っていたジミーペイジやザックワイルドに憧れていたので、当初はひたすら鏡の前でいかにカッコ良く見えるか、という研究ばかりしていました。(笑)


そんな、青春のレスポールのネック調整を行きつけの恵比寿にあるお店に出していたのですが、引き取りにいったときに

「このギターにこれ以上手を掛けるのは辞めたほうが良いと思うよ。」
と言われてしました。

「ピックアップのコイルが断線している可能性もあるし、フレットも打ち換えなくてはいけない、ネックのロッドが余裕がなくて回らないし、ペグも変えた方がよい、、、、つまり、絶対新しいギターを買った方が仕事をするにはコストパフォーマンスはいいよ。」
とのこと。


僕も、このギターより良い音のするギターはいくらでもあることは知っていますし、実際に、ぼくの持っているギターの中でも今となっては一番出番が少ないです。
価格的にも、そこまで高いものではありません。
(僕はギターに対する扱い自体も決して丁寧ではありません。)


けれども、簡単にはこのレスポールを手放すことはできないのです。


自分の強い憧れを受け止めてくれた、愛着あるギター。
仕事としての効率性よりも、得難い思い入れがあるのです。


そんな気持ちを改めて感じると、なんとか倍の金額がかかってもよいので修理して使いたい気持ちが強くなってきました。


親身になってアドバイスをいただけるお店の方には、申し訳ないですが、なんとか強引に手術できないものか、再度相談してみたいと思います。











 

(2012年7月18日(水) 0:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バークリーの奨学金もパスした実力派!レコーディングにも精通

ビタミン・ギタースクール
三田村和義 (エレキギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・市ケ谷・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下...

ブログ記事 ページ先頭へ