全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ミラクル☆アシスト・ギタースクール スクールブログ 7/15   ...

7/15    今日は作曲アドバイス☆

こんばんは☆
調布・新宿・渋谷・池袋などでレッスンスクール開講中の、現役バンドマン講師・長屋です!!☆


今日はディープな音楽理論でいきます!

”作曲に悩んでいる人のためのコードネタ!!”


これを読んでいる人で作曲をしているシンガーソングライターさんやギタリストさん、そんな人の中でも"最近、作曲作業に行き詰ってる・毎回同じような曲しか出来ない!"なんて悩んでいる人のための講座です。


特に今回はコード進行(コードづけの作業)で悩んでいる人の為にお送りします。


1曲の中のコード進行は8割以上がダイアトニックコードで構成されます(すいませんが、この辺の説明は省きます)。

しかしダイアトニックだけで作っていてもやがて限界が来てしまいます。
みんな同じような曲になってきたり。

もちろんリズムを変えたり、アレンジ上工夫して色んなタイプの曲を作る事は出来ますが、コード進行だけでもダイアトニックをちょっと工夫するだけで様々な曲を作る事が出来るのです。


今日はその中でも僕が得意でよく使うネタをご紹介しましょう!!




それは"クリシェ"という手法です。





クリシェ[cliche]とは、

作曲・編曲技法のひとつをいいます。同じコードが長く続いているときに、

単調なコード進行パターンを避けるために、

基本のコードは変えずに、半音階や全音階の装飾的・慣用的な

メロディーラインを創る(クリシェ・ラインといいます)手法のことをいいます。

メロディッククリシェ(単音を変化させていくクリシェの場合)と

ハーモニッククリシェ(二音以上を変化させていく場合)、

ベースラインクリシェ(ベースにおかれる場合)があります。








説明を言葉にしてもよく伝わらないので、実際の例を出してみますね!





① Key of A
| A | AonG# | AonF# | AonE | D | D | E | E |

これは上の説明にあるベースラインクリシェってやつです。
基本的なAコードは変えずにベースラインだけをAメジャースケールで動かしています。

これを応用して・・・・・



②  Key of A
| A | AonG# | AonG | AonF# | D | D | E | E |

今度は半音ずつ下げてみました。
①とは雰囲気が全然違いますよね??


これをマイナーに応用してみましょう!!


③  Key of Am
| Am | AmonG# | AmonG | AmonF# | F | G | E | E |

これ僕大好きなんです!wマイナーだとカッコイイですよね!
ダークな感じで。。。


次はコードトーンの他の部分を動かします。


④  Key of Am
| Am | AmM7 | Am7 | Am6 | F | G | E | E |
これはAmのルートじゃない1オクターヴ上のA音を半音ずつ下げたものです。
A→G#→G→F#という動きは③と同じですが、ルートを動かすかコード内部の音を動かすかでも雰囲気は違ってきます。

次はメジャーの5度を動かして見ましょう!


⑤  Key of A
| A | A(♭5) | Asus4 | A | D | D | E | E |
これは5度の音を動かしています。
E→D#→D→C#
最後のは3度の音と同じになるのでコード表記はAにしてあります。


次は3度をクリシェさせるんですが、今まで下がってきてばかりだったので上げていってみましょう。


⑥  Key of A
| A | Asus4 | A(♭5) | A | D | D | E | E |

ギターならオープンコードのAを押さえて2弦の音を半音ずつ高くしていって下さい。

3度の音はC#→D→E♭→Eと動くため最後のコードはAになります。

でもクリシェ感を出すためには最後のコードは最初のAとはボイシングが変わりますのでご注意を!




まぁ色んな例を出してみましたが、クリシェの種類はまだまだあります!
というか、これは自分で研究して使っていくものです!

やり方は単純。
コード構成音の1音(2音でもいいですが最初は1音から始めましょう!)を半音またはスケールで上昇または下降させるだけです!

その結果変なコードネームになるかもしれませんが、コードネームなんかはどうでも良いのです。

コードの名前なんかよりも大切なのは響きです!

このクリシェを使えばダイアトニックコードを少し変化させるだけで今までとは全く違うタイプの曲を作ったりアレンジしたり出来ますので、
作曲をやっている方は是非このクリシェ!研究してみて下さいね☆

勿論僕のスクールでは作曲初心者の方もバッチリ理論指導出来ますので、体験レッスンで遠慮なくリクエストして下さいね☆


 

 

(2012年7月15日(日) 20:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名ゲーム曲を手がけ、TV出演多数。業界の裏話も聞けます

ミラクル☆アシスト・ギタースクール
長屋大輔 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・池袋・吉祥寺・笹塚・調布

ブログ記事 ページ先頭へ