全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター神奈川 Mint Guitar School スクールブログ 〜機材を紹介し...

〜機材を紹介してみようかな〜Part3

他にもギターはありますが今回はギター以外の機材も紹介しようと思います。

音楽制作をするにはギターだけではちょっと無理があります。
昨今は何でもパソコンの時代。音楽制作も例に漏れず、です。

以前は自宅の簡易プライベートスタジオなどはクオリティの高いものではありませんでしたが、
現在は各種音楽機材やパソコン等での制作環境が時代と共に進化し、
割とクオリティの高い簡易プライベートスタジオを手軽に持てるようになりました。

僕のメインのパソコンはApple MacProです。
私生活上ではWindowsも使用していますが、音楽制作に関してはずっとMacを使用してきました。
このMacで多くの音楽ソフトを使用して音楽制作をしています。
デュアルモニタで幅広い視野を確保して、トラックボールマウスを使用しています。
右のラックにはMIDI音源やインターフェイス、ミキサー等があり、主にMacで操作しています。

左にチラっと見える2つのギターアンプはトランジスタの安いものですが、
割と良い音が出ます。練習用には充分です。たまにマイク録りもしたりします。

充実した機材とは言えませんが、音楽制作するにあたり最低限のものは揃っています。
また、昨今は何でもパソコン上でやったりするので、音楽ソフトウェアの方が膨大で、
目に見えるハードウェア機材は徐々に不要になりつつあります。
プロのレコーディングスタジオ等よくあるラックにひしめく多くの機材を目にすると、
「かっこいいなぁ」と思ったりもしますが、自宅の簡易スタジオではこれくらいが丁度いいかも?

〜機材を紹介してみようかな〜Part3

(2012年7月9日(月) 8:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アドリブ演奏の指導に定評あり。レコーディングのほかNY現地でセッションも

Mint Guitar School
久保田徹 (エレキギター)

横浜・桜木町・関内・洋光台・上大岡

ブログ記事 ページ先頭へ