全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター神奈川 Mint Guitar School スクールブログ 〜機材を紹介し...

〜機材を紹介してみようかな〜Part1

これから僕の使っているギターや機材を少しずつ紹介していこうと思います。
僕はあまり多くの機材は持っていませんが、必要最低限のものは揃っており、
音楽制作するにあたりプリプロや仕事によっては完パケまで出来るクオリティの機材を揃えています。

ギター講師ですのでまずギターから紹介していきましょう。
ちなみにDAWやDTM等の講座も受けていますので、
作編曲の基礎を身に付けたい方は是非一度打診してみて下さい。

メインギターは「1961 Fender Stratocaster」です。
もちろんリイシューとかではなく本物の1961年製のギターです。

このギターは今から13年前、23歳の時に思い切って買いました。
もちろん大変高価でしたが、当時はまだ23歳の若造が何とかローンを組める価格でしたし、
現在と比べれば半額以下の価格帯でした。

買ったキッカケは師事していた師匠にオールドギターを薦められたわけですが、
当時23歳だった僕はまだブルースバー等でジャムセッションというのを覚え始めたばかりで、
ストラトの鳴らし方も分かってない若造ギタ弾きでしたので、
本当に買っていいものかどうか悩みました。
でも、いくつか触れてきたオールドストラトの中で一番良いギターでしたので、
「これを逃したらもうコイツには会えなくなる・・・」と思い購入しました。

それ以来、長らく付き合いを続けていますが、
このギターから色々と教えてもらった事もありますし、弾かない時もありました。
最初は割とキレイな感じでしたが、かなり弾き込んでいるので塗装も剥げて来て、
もうボロボロになってきた感じですが、相変わらず良い音を出してくれます。
死ぬまで付き合う事になるでしょう。運命だったと思います。

〜機材を紹介してみようかな〜Part1

(2012年7月7日(土) 11:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アドリブ演奏の指導に定評あり。レコーディングのほかNY現地でセッションも

Mint Guitar School
久保田徹 (エレキギター)

横浜・桜木町・関内・洋光台・上大岡

ブログ記事 ページ先頭へ