全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 BigCat エレキギター教室 スクールブログ ボリューム

ボリューム

ギターにはボリュームがついています。
その他、トーンもついています。

このつまみ類ですが、初心者の方にとっては案外疑問なのです。

「アンプに音量のつまみがあるのになぜギターに必要なの??」

とか。

ギターが上達してある程度弾けるようになってくると、ギター側のボリュームを使って出音をコントロールしたりと、かなり操作する頻度が高くなりますが、それ以前にこのギター側のつまみ類、特にボリュームノブは初心者から上級者まで必ず活用しないといけない大切なものです。

エレキギターで大切なのは、

「ノイズを出さない」

ノイズとは「不要な音」

ノイズといえば、アンプから出る「ゴー」とか「じりじり」とかいった音を想像しがちですが、実際には自分が意図して出していない音もノイズに含まれます。

いわゆる「雑音」ですね。


このノイズはエレキギターは電気を使って発音する楽器なので、どんな場面でも電気ノイズが必ず乗ってきます。


さて。
それらをふまえて。


初心者さんのレッスン中に良く有る事なのですが、フレーズの説明やデモ演奏をしている際に、生徒さんのギター(正確にはアンプ)から「ゴー」とか「ピーー」とかのノイズが出っぱなしの時があります。

本人は出ている事に気がついていない事もあります。

ノイズが出たままだと、説明の話は聞き取りにくくなるし、フレーズのデモ演奏もノイズに埋もれて正しく聞き取れません。


そういった場合の対処法で、ギター側のボリュームを0にしておくと、こういった意図しないノイズを出さない事ができます。

単純に。


ギターで音を出さない時はギター側のボリュームを0にする。

そして、弾く直前に全開にする。
弾き終わったらすぐに0にする。

簡単な事ですが、忘れがちになってしまいます。


このボリューム操作でのノイズ処理は、単純に弾かない時に音を出さないと言う意味合い以外にも、ギターを弾いている際のノイズへのミュートの意識にも反映されます。


1〜3弦辺りを弾いているときに、ボトム弦(4〜6弦)の解放ノイズが出っぱなしのパターンが多いです。
初心者でギターに慣れておらず、中々ミューとまで手が回らないと言う事もありますが、普段の練習中にもそういったノイズに気を配り、ミュートを意識的に行って練習することで、クリアで奇麗な演奏が出来るようになります。


まずは、

「弾かない時はボリュームを0」

を心がけてギターに接してみてください。


当スクールでは、体験レッスンの際にギターを弾く上で大切な3つの事を説明しますが、その中の一つがこのミュートです。


初心者に限らず、上級者の方にも目から鱗の内容ですので、お気軽に体験レッスンをお申し込みください。

 

(2012年6月1日(金) 9:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

演奏だけでなく、業界話や演奏動画の作り方など色々教えます!

ブログ記事 ページ先頭へ