サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 ザ・ロック・ギターレッスン スクールブログ 得意技の開発

得意技の開発

何事もヒトを真似ることからはじめると

割とさくさくことを進めることができるのは

周知の事実であるけれども、いつまでもヒトの真似

では他人から真似し漫才田舎のナンタラと言われかねん。

その前に自身の欲求として真似だけではなく、

自分にしかできない何かを探し始めることになる。

しかしコレがナカナカどうして困難で、

エイヤッとやってみて新奏法だと喜んでも

それは実はすでに誰かがやっており、単に自分が知らなかっただけなんてことが多々アル。

それでも負けずにウリャリャッとやってみる。

誰かのライブを見に行くとステージでやっている。

なにくそとセイヤーッと試してみるも妙な旋律しか

でてこずに宜しいと思える代物ではなかったりする。

あぁもうだみだ。才能なんてなかったんだ。

あほらしいぜバカヤロウ!!!

と出鱈目を弾いてみたところ、出鱈目の中に

何かしら耳に残るものがあって、何だ今のは???

と必死になって再現しようとするも無の境地から

生まれたそれは文字通り閃いたものであって

閃光とは一瞬のことで留めおくのはひどく困難で

それでも諦められずに捜し求めた結果ようやっと

ちょいと自慢でける奏法を身に付けることができたりする。こともある。

なんてことが極稀にある。

険しい道のりでござんすねぇ。

 

(2012年6月1日(金) 0:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

異色のロック演歌歌手のバックバンドを担当。幅広いジャンルにも対応

ザ・ロック・ギターレッスン
岡田大知 (エレキギター)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・吉祥寺・中野・高円寺・江古田・野方

ブログ記事 ページ先頭へ