サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 ザ・ロック・ギターレッスン スクールブログ let...

let's get started!!!

さーそれでは始めましょうってんでブログ第一稿。

うーん、、、何を書いたら良いものか。

まずはギターを始めた理由。

そんなものを書いてみようかな。


皆さんがギター弾きたいなと思ったきっかけ、始めようと

思い至った経緯というのはどんななんでしょうか?

よく聞くのは「モテタイ」ってやつですね(笑

正直言ってギターが弾けるからってモテるわけではない

です。私がその証拠(笑

それはさておき、僕がギターを始めたきっかけと言うのは

結構つまらない理由です。

"脅されたから"

これが理由。

どういうことかと言いますと、こんなです。


中学一年生の冬。お年玉でラジコンカーを買ってやろうと

取らぬ狸の皮算用をしておったところ、鬼のように

恐ろしい兄がやってきて

「おのし年玉で何買うつもりじゃ?」

と尋ねるので僕は「ラララジコンを・・・」

と答えたのでした。

すると鬼のような兄はふざけるなと、そんなもんに

お年玉を使うとは何事かと僕に説教を始め、

気が付けばお金は有意義に使わねばならヌというところに

落ち着き、さてその有意義な使い方とはなにかとなり、

それは当時鬼兄が手を出していたギターと相成った

わけです。

結局のところ「お前も買え」

この一言で何の興味もなかったギターを手にする羽目と

なりました。

ギターのギの字も知らない僕はほとんどヤケッパチになり

良い物を買ってきてくれとお年玉を兄に託し、

道中に哀れに思った兄が気を使ってラジコンを買ってきて

くれることを祈って家で待っておりましたが、

僕の切な願いは叶うことなく手渡されたものは

Fender Japanの赤いストラトでした。

べいぃ~んと弦を弾いてすぐさま傍らへ置いたのは

言うまでもありません。


その直後アイアンメイデンに出会い、

彼らのスコア(楽譜)に出会い、

鬼兄のスパルタもあり、

ギター、いや音楽の楽しさに目覚めてしまって

はーどろっくへヴぃめた街道をまっしぐらに

突き進み、ブルースやポップスの旨みを吸収し、

なぜか演歌までもプレイすることになる。と、

そんなところです(笑


とにかく始めなければ始まらないというお話でした。

 

(2012年5月26日(土) 21:15)

次の記事

この記事を書いたコーチ

異色のロック演歌歌手のバックバンドを担当。幅広いジャンルにも対応

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

ご無沙汰になってしまった。。。 えーっと、昨日帰って来ました。 京都まで遠征に行ってたわけなんですが、そこでなんでか知らんけどガットギターを弾くことになり慣れないながらもなんとかこなしてきた次第です。 アコースティックってのはガットだろうがフォークだろうがエレクトリックなそれ...

役立つ話ー!!! 漠としていて掴み難いが一つの真理。 それなりに弾けるようになったゼって人むけだな。 それは 「新しいことをやれ!」 ということ。 なんやあたりまえやないかーと言うなかれ。 ロックが好きでそれはある程度できると、 ならばそれは多分...

今日関西から戻ってきました。 経費削減とかで帰りはオドロキの下道使用。 マヂカ・・・。 と嘆いていても車は進まないのでベースのニイチャンと 代わる代わる運転して昼ごろに東京着。 気が付けば部屋の床に突っ伏して眠りこけていた。 なかなか眠る時間がないスケジュー...

今日はなんだか暑いですねこんにちわ。 青空が見えて気分はよろしい。こんなときは バイクで~というのは前も書いたクダリ。 いつもこうです。ハイ。 さてそうしたいのは山々ではあるけれども、本日はリハが二つあり 山へ行って柴を刈ってる場合ではない。 おそらく日...

何事もヒトを真似ることからはじめると 割とさくさくことを進めることができるのは 周知の事実であるけれども、いつまでもヒトの真似 では他人から真似し漫才田舎のナンタラと言われかねん。 その前に自身の欲求として真似だけではなく、 自分にしかできない何かを探し始めること...

ブログ記事 ページ先頭へ