サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 BigCat エレキギター教室 スクールブログ パワーコード

パワーコード


初心者がエレキギターを初めて手にして一番最初に覚える事は?

ドレミファソラシド?
メカニカルトレーニング?
理論?
フォーム?

当スクールでは、パワーコードを教えています。

何故なら、人差し指と小指の二本だけしか使わず、弦を押さえる指の形も全て同じだから。

じゃあ、パワーコードは初心者コードなの?

ノンノンノン。

ジャズや一部ジャンルは外して、凡そ世間一般的なロックやポップスと言われる楽曲において、パワーコードを使わない曲を見つける事の方が難しい。

それぐらい多用されるコードで、突き詰めればパワーコードを綺麗に押さえられて、鳴らす事が出来ればギターを弾く為の基礎的なフォームは出来た、といっても過言ではありません。

少しだけ掘り下げた話をすると、パワーコードとは五度コードと言います。

五度の「度」とは音を数える単位で、基準となるルート音から五番目の音を指します。

基準音がドなら五度はソですね。

この二音を同時に鳴らすのがパワーコードです。
一昔前は省略コードとも呼ばれてましたね。

なぜ省略コードと呼ばれていたのか?

コード。
和音とは三音以上の音の重なりを指す、と音楽理論に明言されています。

なので正確には二音しか鳴らさないパワーコードは和音と呼べないのですが、ことエレキギターに於いては暗黙の了解で許されています。

通常、エレキギターは歪ませたギャンギャンしたロックな音で弾くことが多いです。
その方がパワーもありかっこいいですしね。

しかし、この歪の音はかっこいい反面、濃密に重ねられた和音の響きが綺麗に聞こえないデメリットがあります。

そこで、マイナーやセブンスと言った複雑な響きはキーボードやベースに任せて、ギターはよりパワフルにストレートに響くように、複雑な音を省いて、最も響きが素直な一度と五度だけで構成されたパワーコードを弾くことが主流になりました。

さてさて。
長くなりましたが、先にも書いた様にパワーコードは二本の指だけで押さえることができ、且つどこのポジションでも押さえる形は変わりません。

更に、曲を弾くと言う点においてだけなら、一般歌謡曲ならほぼ100%パワーコードだけで弾き切る事ができます。

ほんとですよw

色々なテクニックや知識も後々必要になってきますが、なによりも先ず何か弾けるようになる事。

「どっか押さえて音がブーンて鳴りゃそれがギターだ」

なんて名言もあるぐらい簡単です。


当スクールでは、技術や知識の更なるレベルアップは勿論対応しておりますが、ギターを触った事の無い初心者の方。

ギターを始めたけど家で中々練習する時間がとれない。

そんな方の為に、

家での練習は必要無し!
ギターはレッスン時のみ
ぎんじねこ式初心者専用メソッド

を準備しております。

ぶっちゃけ、あまりに簡単に弾けすぎて、覚えてしまえば家でどんな曲も簡単に弾けてしまう為に、一回のレッスンで来られなくなる方が多いですw

しかし、それでもギターを弾くことの楽しさを実感していただければ本望なので、お気軽に体験レッスンをお申し込みくださいね。


勿論、上級者もおっけーですよ!

 

(2012年5月15日(火) 10:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

演奏だけでなく、業界話や演奏動画の作り方など色々教えます!

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

さて、これからレッスンです。 本日はストラトの出動。 ヘッドのロゴがリフィニッシュの際に削られて無くなっていますが、Fender USA 57'reissuです。 リアのピックアップをディマジオのFAST TRACK1に変更。 その他は、Myssteryguitarsの金子...

姿勢を正す。 小学校の時に先生からよく言われたと思います。 これを数十年経った今も継続している方は少ないと思います。 ギターを弾く上で、右手や左手、構え方、いわゆるフォームはとても大切ですが、それらの最も大元は背筋。 姿勢を良くして背筋を伸ばすことで、そこから伸びて行く...

新年明けましておめでとうございます。 コーチの中野です。 旧年中は大変お世話になりました。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 本ブログはコーチの中野として利用しておりますが、ミュージシャンぎんじねことしては別でブログやFacebook、Twitter等運用しております。...

何かの曲を聞いて衝撃を受けたからギターを弾いてみたい! とか、 バンドやってみたい! とか、 理由はなんでもいいのですが、誰もが初めて手にしたギターに夢を膨らませドキドキしながら触り始めるものです。 でも、上手く音が鳴らない とか、 一ヶ月練習しても上手くなる...

この度、PODシリーズでおなじみの世界的なメーカーであるLine6さんのオフィシャルサイトのブログで、インタビューを掲載頂きました。 ■記事はこちら http://blog.line6.jp/2012/ginjineko/ コーチ業以外では、現在エンドース中のメーカーさんのデモや...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ