サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 プログレス・ギタースクール スクールブログ 弦を巻いてみま...

弦を巻いてみませんか?

GWも終わりましたね。
みなさん、どんなGWでしたか?
ガッツリと休みを取れた方も、通常通り仕事の方もいらっしゃるとは思いますが、
次は夏休み(←気が早すぎ?)を目指して頑張っていきましょう!

さて、今日は小ネタのような話。
みなさん、ギターの弦を交換した後にヘッド側に余った弦はどうしてますか?
一般的にはペグの近くで切ってしまう事が多いと思いますが、
僕は余った弦は切らずに、下の写真のように巻いてしまいます!

「弦を巻く」というと、少しカッコ悪いと思う方も多いかもしれませんね・・・
実際、僕もステージに上がるときは見た目を気にして切る事もありますが、
それ以外の時は、ほぼ100%切らずに巻くようにしています。

その理由は2つ。
1つ目は「怪我防止」です。
意外とペグ付近の弦の先で怪我をしちゃったりしますよね・・・(僕だけ?)
例えば、スタンドに立てかけたギターの近くのモノを取ろうとする時。
横着せずにギターを動かしてから手を伸ばせば良いだけなんですけど・・・

そして2つ目は「ギターケースを守る為」です。
どちらかと言うと、こっちの理由が大きいです。
特にソフトケースを使っている方、ぜひケースの内側を見てみてください。
ちょうどヘッドの辺りに傷が付いていたり、破けていたりしませんか?
弦を巻くようにすると、この傷みはなくなりますよ!

ギター本体や、アンプやエフェクターに比べると、ギターケースは安いものですし、
消耗品と考えることも出来ますが、少しの工夫で長持ちするならその方が良いですよね。

技術の向上や、楽しむ事も大切ですが、機材も大切にしたいですね。

弦を巻いてみませんか?

(2012年5月8日(火) 18:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド活動・サポートの傍ら講師の経験も。ロック・ブルース~フュージョン

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

色々な人と話をしてきて、ギターの練習が出来ない人には共通点がある事に気付きました。 何かわかりますか? 集中力がない? 自分で練習メニューが作れない? 忙しくて時間がない? どれも充実した練習が出来ない理由ではあると思いますが、 決定的な「練習が出来ない理由...

以前ここにも書いていましたが、先週末にサポートでアコースティックギターを弾いてきました。 普段メインで弾いていないアコースティックギターでの出演でしたが、 やっぱりステージで演奏するのは良いものですね。 ロックをして、メンバーもお客さんもみんなで盛り上がるのも良いですが、 アコース...

音楽もそうですが、舞台もやっぱり「生」は良いですね! 同じ内容のステージでも、ちょっとしたトラブルが起きたり、アドリヴが入ったりして、 毎回少しずつ違った作品になります。 やっぱりステージは生き物ですね~ 音楽家と役者とでは業種は違いますが、「ステージに上がってお客様を楽し...

今年一発目のライヴが2月に決まりました。 今は自分のバンドは組んでいないのですが、 サポートとして声を掛けてもらえるのは嬉しいことですね。 僕は、普段はエレキギターをメインで弾いていますが、 今回はアコースティックギターでライヴに出ます。 エレキギターでガツンと激しくRo...

自分が成人式を迎えたときは、ずいぶん大人になった気がしましたが、振り返ってみると根底の部分は何も変わっていなかったりもしますよね。 今でも10代の頃に好きだった音楽はずっと好きですし、当時から憧れているモノや目指した場所は大きく変わらなかったりもします。 そんな成人の日でしたが...

ブログ記事 ページ先頭へ