全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 プログレス・ギタースクール スクールブログ メカニカルトレ...

メカニカルトレーニングの注意点<右手編>

前回、前々回に引き続き、またメカニカルトレーニングについて書きます。
今回は注意点<右手編>。
つまり、ピッキングの注意点ですね。


<左手編>でも書きましたが、この練習はスピードトレーニングではなく、正しいピッキングを身に付けるのが重要です。

では、正しいピッキングとはどういった動きかというと「出したい音が出せるように、しっかりとコントロール出来ていること」だと思います。

ピッキングの動きは、本当に人それぞれで色々な方法がありますが、まずは力を入れずに、ピックと弦が平行に当たるようにピッキングをする練習をしてみてください。

そして、メカニカルトレーニングをする際には最初は「オルタネイトピッキングで弾く」「音量を揃える」という事に注意をして弾いてみましょう。

オルタネイトピッキングとは、ダウンピッキングとアップピッキングを繰り返すピッキングです。
ギターを始めたばかりだと、アップピッキングが難しいかもしれません。ついついダウンピッキングだけで弾きたくなると思いますが、頑張ってダウン→アップ→ダウン→アップ・・・と続けて弾けるように練習してみてください。

それから、オルタネイトピッキングに慣れてきたら注意したいのが、ダウンピッキングとアップピッキングの音量差です。
人それぞれ症状は違うと思いますが、ダウンが強く、アップが弱くなってしまう人が多いと思います。


実際の曲を演奏する際には、オルタネイトピッキングではなく、ダウンピッキングが続くこともありますし、意図的に強弱を付けて弾くこともありますが、まずは「オルタネイトピッキングで弾く」「音量を揃える」という意識で練習してみましょう。

これをしっかりとコントロール出来るようになると、変則的なピッキングの上達も早いですし、強弱を付けて演奏することも出来るようになってきます。


つらつらと文字だけで一般的な事を書いてみましたが、手の大きさや使っているギターによっても細かい注意点が違うんですよね・・・

レッスンでは色々な状況を確認してアドバイスしているので、「このBlogを読んでも上手く出来ない」って方はレッスンで相談してください!

 

(2012年4月24日(火) 19:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド活動・サポートの傍ら講師の経験も。ロック・ブルース~フュージョン

プログレス・ギタースクール
星優典 (エレキギター)

渋谷・新宿・吉祥寺・初台・幡ヶ谷・笹塚・明大前・上北沢・千歳烏山・調布・府中・聖蹟桜...

ブログ記事 ページ先頭へ