サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 YK ギタースクール スクールブログ 使用ギターにつ...

使用ギターについて

皆さんこんにちは!


纐纈です。



今日は、自分の愛用しているギターについて書いてみようと思います。




ギタリストにとって、どんなギターを使うか?というのは、非常に大きな問題ですね!



タイプも様々あります



ストラトキャスター テレキャスター レスポール セミアコ フルアコ スタインバーガー ・・・etc


形状や、材質によっても音はもちろん変わりますし、



持つギターによって、自分のスタイルまで影響してきます。





基本は、自分がかっこいいと思うもの、欲しくてしょうがないものを買うのが一番いいと思います、



そして実際に弾きこんでみて初めてそのギターの特性が分かり、



その上で他のギターのよさが分かってきます。




それも大事な学びですね!



これから、僕の使用ギター遍歴を書きますので、


よろしければどうぞ、最後までお付き合いください。




僕は最初、高校時代にL`Arc~en~ciel が大好きだったこともあり、


FERNANDES というメーカーのストラトタイプのギターを購入しました。


真っ黒のボディで、ピックアップの部分に、「サスティナー」という、磁力で音を半永久的に伸ばすことのできるシステムを搭載しているもので、


サイバーなデザインで、当時はそれはもう楽しくてしょうがなかったです(笑)



高校時代はそのギターと共に過ごし、



大学に入ってから、FENDERのテレキャスターデラックスというギターを購入(写真2つめ)。それが人生2代目のギターとなります。


当時、搭載されているピックアップが、ハムバッキング(シングルコイル、ハムバッキングの2種類あります)しか経験が無かったために、


テレキャスターはテレキャスターでも、レスポールのシステムを、ごっそりテレキャスターのボディに搭載し直したデラックスを愛用していました。



後に書きますが、同じテレキャスターでも、以上の理由でデラックスは全く別物のギターという印象です。



しかし、クリーントーンでも、結構エグく歪ませた音でも、幅広く対応できる、なかなか優秀な一本でした。



その後、シングルコイルを搭載したストラトキャスターをライブでかっこよくプレイしている友人を見て、




「わあ!シングルコイルって、こんなにかっこいい音が出せるんだ!」


と感銘を受けます。



ハムバッキングは、パワーがシングルよりも強く、暖かみのある丸めの音な印象。



シングルコイルは、ジャキジャキしていて、ハムバッキングには出せない音が出るのです。



そうして、これだ!と思い、FENDER USAのストラトキャスターを購入(写真1つめ)。


約3年はそのギターと共に過ごし、ライブ・レコーディングで大活躍でした。




それから、自分の中で、よりジャッキリした音を求めるようになり、



テレキャスターに興味がぐんぐん湧いてきたのです。




ストラトキャスターは、テレキャスよりも丸い音。



ソロや、単音で弾く際に非常によく映える印象。



それよりもテレキャスターは、鋭いカミソリのような印象を持ちました。


そして念願のFENDER USA テレキャスターを購入(写真3つめ 右)!!


個人的な好みで、


ストラトだと、コントロール・ノブとピックアップ・セレクタースイッチが真下についていて、



どうしてもプレイしている最中に、トーンが変わってしまうことが多々ありました。




それもすっきり解決してくれたテレキャスター。



やや、後ろ目に付いているんですね!




これで、どれだけ激しくかき鳴らしても、ライブ中に突然音が変わるというトラブルは避けられました。




それから約4年 そのギターと共にどのシーンも駆け抜けてきましたが、


あまりに弾き込み過ぎたために、色んなところにガタがきてしまいました。




そこで、今年に入ってから、新たな相棒を探し、様々な楽器屋に出向き、出会ったのが今愛用のこれ!



FUJIGEN NCTL-20 2-tone sunburst



です!(写真3つめ 左)




ピックアップは、前から ハム シングルと搭載しています。



自分の中でびっくりしたのが、このフロントのハム、セレクタースイッチを変えれば、擬似シングルコイルとしても使用可能なのです。


要するに、一粒で二度おいしいという訳ですね!



スイッチ一つで、甘いハムバッキングのトーンも、ジャッキリした純正シングルコイルのトーンも出せます。




あとは、何より、国産FUJIGENさんのギターは、作りがしっかりしていて、鳴る鳴る!!



アンプに繋がなくても、生音でもガンガンボディに共鳴していて、弾いてて楽しくてしょうがないです。



今は、このギターメインで仕事させてもらってます。







と、長々と書いてしまいましたが、こうして様々なギターに触れてきて、弾き倒し続け、

自分の求める音・スタイルにあったギターに出会いました。



自分は、歌を大事にしたギターロックバンドをやっているので、




http://youtu.be/tiKCrF9stm4



こういったスタイルを突き詰めるべくこのギターに落ち着いてます。



みなさんも、自分の出したい音、やりたいこと。



自分と向き合って、心の声を聞いて、



その上で妥協せず、最高の一本と出会って欲しいですね!



ギター選びの相談にも、もちろん乗りますので、気軽にご相談ください!



長文、付き合ってくれてどうもありがとうございました!!

使用ギターについて使用ギターについて使用ギターについて

(2012年4月22日(日) 13:55)

前の記事

この記事を書いたコーチ

繊細なプレイで知られるギタリスト。歌モノの楽曲に挑戦したい方必見

ブログ記事 ページ先頭へ