全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 プログレス・ギタースクール スクールブログ メカニカルトレ...

メカニカルトレーニングの重要性

前回はチューニングについてBlogを書きましたが、今日はその続き。

チューニングが出来たら、次に何をするべきか?

チューニングがしっかり出来たら、後は好きなようにギターを弾いてみてください!
好きな曲をコピーしてみても良いでしょうし、とりあえずジャカジャカ音を出してみても良いでしょう。
ちなみに僕がギターを始めた時は、もちろん全く弾けないので、鏡の前でギターを抱えて慶んでいました(笑)

とにかく、誰かに強制されてギターを始めるのではないと思いますので、最初は好きなようにギターを楽しめば良いと思います。
そうして楽しんでギターを弾いているうちに、練習するべき事は見付かってくると思いますよ。

そうは言っても、何をどうしていいかわからなかったり、「上手くなりたい」という気持ちがあるのであれば、ぜひ取り入れて欲しい練習があります。
それが、今日の本題<メカニカルトレーニング>です。

メカニカルトレーニングというのは、弦を押さえる指に番号を付けて順に弾いていく練習です。
右利きの場合は、左手でギターの弦を押さえると思いますが、

人差し指・・・①
中指・・・②
薬指・・・③
小指・・・④

↑と番号を付けて、6弦①②③④⇒5弦①②③④⇒4弦①②③④~と順に弾いていきます。

慣れてきたら、ずっと①②③④の順に弾くのではなく、①③②④や①③④②のように順番を入れ替えて弾いていきます。
もちろん②から始めるパターンも考えられますし、③から始めるパターンも④から始めるパターンも考えられます。

ん~文字だけで説明するとわかりにくいですね・・・
メカニカルトレーニングの方法は伝わってますか?

伝わっていると信じて、書き続けます。

さて、このメカニカルトレーニングですが、やってみてもらえばわかると思いますが、全く音楽的ではなく、退屈な練習だと思います。

ではなぜこの練習を勧めるかと言うと、この練習はスポーツで例えるなら筋トレのようなモノだからです。

試合中に腕立て伏せや腹筋するスポーツ選手はいないと思いますが、試合で使う筋肉を鍛える為にスポーツ選手は練習に筋トレを取り入れていますよね。

ギタリストにとってのメカニカルトレーニングも、ギターを演奏する為に必要な動きの練習なんです。
どんな曲を弾くにしても、左手と右手が自由に動くように鍛えておくことが重要なんですね。

メカニカルトレーニングをした事がないって人がいたら、ぜひ①②③④を色々な順に弾いてみてください!
思っている以上に③と④が動かないのではないでしょうか。
少し時間はかかるかもしれませんが、少しずつ鍛えていけばどの指も自由に動くようになりますよ。
そしたら、コードもソロも、もっと自由に弾けるようになります!

色々とメカニカルトレーニングをする上で注意してほしいことがあるのですが、長くなってしまったので次回のBlogで説明しますね。

 

(2012年4月19日(木) 18:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド活動・サポートの傍ら講師の経験も。ロック・ブルース~フュージョン

プログレス・ギタースクール
星優典 (エレキギター)

渋谷・新宿・吉祥寺・初台・幡ヶ谷・笹塚・明大前・上北沢・千歳烏山・調布・府中・聖蹟桜...

ブログ記事 ページ先頭へ