全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ギタースクール・エコー スクールブログ 5月9日、本日...

5月9日、本日のお仕事

新人女性シンガーS(仮名)のアレンジ。本当は14日のライブ用のアレンジなんだけど、グズグズしている間にお尻に火が付いちゃいました。このままではリハーサルに間に合わないかも…。焦りつつも音資料を聴きながら譜面を書いてみると、どうやら彼女の美味しいキーはBらしい。

これってギターにとっては大変なキーなんです。このキーで出てくるであろう主なコードはB、F#、G#m、C#、E(あ、これは大丈夫)。どうです?厄介なコードばっかりでしょう。歌い手さんにキーを変えてもらう手もあるんですが、ここはやはりヴォーカリストの美味しい声域は守りたいもの。こういうときの打開策はただ一つ「カポを使う!」。2カポか4カポなら結構開放弦も使えて偏差値の高そうな響きになるのです。

エレキ・ギターにカポって馴染みのない人も多いかもしれませんが、積極的に使うことによりアレンジに幅を持たせることができるんです。ただ一つだけ注意。チューニングはシビアに。そしてチョーキングの多用は禁物です。

今晩はこのままリズム録りに突入。そして明日はいよいよギター録りです。

 

(2008年5月9日(金) 22:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

相川七瀬や河口恭吾のレコーディングも。経験豊富で温和な先生のレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ