全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ギタースクール・エコー スクールブログ 楽譜について

楽譜について

よくある質問「楽譜って読めなきゃいけないんですか?」
結論から言っちゃえば、どっちでもいいです。必須条件じゃありません。でも読めた方が話が早くて助かる事が多いと思います。ちなみに僕は高校時代に吹奏楽をやってたお陰で譜面は大丈夫です。

僕のまわりのミュージシャンにも譜面の読めない人はたくさんいました。例えば相川七瀬で一緒にやってたマーティ・フリードマン。本人は「譜面はダメ」って言ってました。もしかしたら冗談なのかもしれないけど、実際彼が譜面を見ている場面を見た事は一度もありません。どんなに新曲がいっぱいあってもリハーサルの初日から譜面なしでやってました。

その代わり、彼はものすごく耳が良かったんです。正直、驚異的でした。あの爆音の中で他人のミス・トーンを的確に聞き分けていました。楽屋のテレビなんかでかかってる曲も1コーラス聞けばほとんど弾けてたし。そんな能力があれば譜面なんて必要ないのかもしれません。

ただ、実際の現場なんかではリピートの位置や曲のサイズそのものが変更になったりすることがままあります。そんな時、譜面を見ながら指示を出すのがやはり一番早い方法なんです。だから、最低限リピート・マークやリズム譜くらいは読めた方が良いと思います。

譜面ってのは結局「地図」みたいなものなんです。やっぱり読めた方が楽だと思うんです。だから僕のクラスでは極力TAB譜は最小限にしようと考えています。その方がコードの仕組みなんかも理解しやすいと思うので。もちろん、譜面の読み方も指導しますよ!ご安心を。

本日のプレイリストは…。
Brother L.A. - Daniel Lanois
December - Weezer
Strangers - Portishead
イマキズク - FOE
Swallowtail Butterfly~あいのうた~ - Chara
COLOR - EL-MALO
CHASE - EL-MALO
Island in the Sun - Weezer
Generator - BOOM BOOM SATELLITES
Race For The Prize (Remix) - Flaming Lips

 

(2007年5月15日(火) 19:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

相川七瀬や河口恭吾のレコーディングも。経験豊富で温和な先生のレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ