全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 G-Licks ギタースクール スクールブログ 演歌の花道??...

演歌の花道???

カラっとした天気になかなかなりませんが、そろそろ梅雨空けですかね~

ギターのコンディションが心配な季節ですが…

みなさん、弾いてますか~???

G-LICKSギタースクール講師の加納 修です。

先日、中野の某ホールで演奏する機会がありまして。。

それがそれが、なんとほとんどの曲が「演歌」だったんです!!

まぁ自分にとっては演歌の演奏は初めてではないんですけど…

せっかくなので、ここでその「演歌」ギターのおハナシをしてみたいと思います。。

さてさて、みなさんは演歌のギターってきくとどんなイメージを持ってますか??

ガットギターやせつない泣きのギターでしょうか??

これがやってみるとですね、バンドはそこそこの大所帯なので、ギターの役割は割と一貫していて、

まず「テーマ」!
(イントロや間奏、アウトロにその曲のお決まりのメロディを弾く!というコトです。)

曲中は「オブリ」!
(オブリとは、歌メロに合いの手のメロディをかぶせていくコトです。割とキチっとしたバッキングをするかと思いきや、楽器もたくさんあるので、ギターはこのオブリをメインに弾きます。しかも書き譜で…ヒエ~ッ 書き譜とは完全に決められているメロディを弾くのです、間違いは許されません…。)

「ソロ」!は自由かと思いきや…
まぁ自由なんですが、「音使い」に掟があります…
メジャー系の曲はいわゆる「メジャーペンタトニック」一発で弾きます。。
マイナー系の曲は4、7度の音を抜いて弾きます。(まぁ上記のメジャーペンタも4、7抜きなんですが…)
Amでいうなら、A-B-C-E-F-A、で1オクターブです。。
演歌っぽい響きがお分かりでしょうか???
ちなみにフツーのナチュラルマイナーで弾こうとするとかなり痛い目に遭います。。
あの雰囲気が出ないのです。若い頃、先輩に怒られていたコトを思い出します…

というようなカンジで、わりと単音ばっかりで、しかもディストーション多用だったりします。
ノリのいい曲はほとんどディストーションです…

そしてリズムなんかも、ベタなようでいて、ムジカシかったり、カッコ良かったりで、いろいろと勉強になります。。
各楽器のアンサンブルもかなり計算されていてスゴさを感じます。。

みなさんも、じっくり演歌を聴いてみてはいかがですか??
意外な発見があるかも…

 

(2007年7月24日(火) 20:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽監督としても活躍。悩みは技術・機器に詳しい先生と解決!

G-Licks ギタースクール
加納修 (エレキギター)

新宿・吉祥寺・幡ヶ谷・笹塚・明大前・下北沢

ブログ記事 ページ先頭へ