全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ミラクル☆アシスト・ギタースクール スクールブログ 3/18   ...

3/18     フレットについて。

僕の現在のメインギターはSadowskyというメーカーのフルオーダーのギター(世界に1本!)なのですが、それまではFenderのストラト(カスタムショップですが)をメインに使っていました。
その前はIbanezですね。



それで今はストラトはほとんど使っていないのですが、これはサウンドクオリティが低い!とか飽きた!wとかいう理由ではなく・・・・・
"フレット"なんです。


フレットが削れまくっていて、打ち直しをしないともう不安定極まりないサウンドになってしまうという・・・・
つまりは"入院"が必要なワケです・・・・



フレットの素材は一般的にはニッケルなのですが、鉄の弦と常にこすれているため、当然すり減ってくるわけですね。



まだ少しだけなら最もすり減ってる部分に合わせて、
※最も削れやすいのが(あくまで個人的な経験では)3弦の5フレット近辺※
全フレットをわずかにヤスリがけする"すり合わせ"という作業で元通りになる(と言っても少し低くはなりますが)のですが、
これは2~3日で終わるし金額も安いので問題ないのですが、
すり合わせするともう次はほぼ確実に打ち直しになるわけなんです。



で、そのストラト君は1度すり合わせをしているので、今度は打ち直しをしないともう、弦はビビるし音程は安定しないし、サウンドもちょっと怪しい感じなんです・・・・



しかし打ち直しには相当のお金と時間がかかるため、欲しい機材もあったため、まだ打ち直ししていない状況なんです。



でも打ち直ししないと特にレコーディングとか微妙なサウンドの違いやピッチ感を求められる現場では使用出来ないため、"もっとプロクオリティのギターが欲しい!!"という欲望もありwSadowskyを購入するに踏み切ったわけです。



まぁ結果的には超ハイクオリティのSadowskyを入手出来て満足しているのですが、そろそろ落ち着いてきてストラトも鳴らしたいなぁ~~なんて考えているので近々入院させる予定ではあります。



ちなみにフレットにはステンレスフレットというものもありまして、これはニッケルよりも強度が高くてすり減りにくいのです。

値段もニッケルよりは高いみたいなのですが、僕みたいにバンドにレッスンにお仕事に、ととにかく毎日ギターを弾いているとすぐにフレットがすり減ってきてしまうので、
少し高くてもステンレスにしといた方が後々、安上がりにもなるような気がします。


サウンドや弾き心地も多少違うみたいなのですが、ステンレスにするのは何しろ初めてなので、まぁ1回挑戦してみようかな!という感じです。



まぁこれを読んでる皆さんも長い間使っていてフレットの減り具合が気になる方は、1度楽器屋さんに持って行ってチェックしてみてはどうでしょうか??

 

(2012年3月18日(日) 13:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名ゲーム曲を手がけ、TV出演多数。業界の裏話も聞けます

ミラクル☆アシスト・ギタースクール
長屋大輔 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・池袋・吉祥寺・笹塚・調布

ブログ記事 ページ先頭へ