全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター千葉 ギタースクール GRANDSLAM スクールブログ ギターを買った...

ギターを買った。でも最初は何をすれば?

これは誰もが最初にぶち当たる問題だと思います。
曲を弾こうにもスコアの見方もわからないし、アンプ等の操作もよくわからないし…
実際こんな感じではないかと。なので

・教則本を買う
・教則DVDを買う。
・バンドスコアを買う。
・習いに行く

色々手はあります。ちなみに私はというと教則本等は見ずに、いきなりバンドスコアを手に入れ好きな曲を弾く事から始めました(笑)
『譜面の事はよくわからないけどTAB譜がある!』
こう思ったのです。
しかし始めてみると頭の中は?マークばかり。
曲をしこたま聴いてギターパートを頭に入れ、TAB譜で押さえるポジションだけ確認する。
こんな感じで最初はやっていました。
結局なんとか色々弾けるようにはなりました。
『じゃあそれで良いのでは?』
確かに、ある意味実践的なこのやり方は悪くはないと思います。
しかしこのやり方を取った事で後々に問題が出てきたのです。

音楽的な知識がつかなかったのです。
10代前半・独学という事もあってか、とにかく『弾く』事ばかりに集中していたんですね。
曲は色々コピーして弾けるし演奏技術もついた。しかしコードやスケールの事はさっぱり…
こういう方が意外に多かったりします。
勿論こういった知識が無くてもギターは弾けますが、後々壁にぶつかる可能性が高いのです。
プロ志向だったらなおさらですよね?
プロ志向じゃなくても、ゆくゆく『バンドでオリジナルをやりたい』となれば、そこで躓いてしまう可能性もあります。

こうならない為にも最初からある程度の知識を、弾く技術と同時進行で習得した方が良いのです。

教則本もとても良いのですが、最初は見ても『何が書いてあるのかがわからない』と言う方が結構多いです。
そういう時は我々にお任せ下さい。
長年ギター弾いて学んだノウハウがあります。

遠回りせずに楽しくギターを学びましょう!

 

(2007年6月1日(金) 3:27)

前の記事

この記事を書いたコーチ

脱・技術オンリー。曲を引き立たせる達人と「こう弾きたい」を

ブログ記事 ページ先頭へ