サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 ミラクル☆アシスト・ギタースクール スクールブログ ブルースを学ぼ...

ブルースを学ぼう!!

さぁ、それではブルース進行について学びましょう!


ブルース進行というのは

A7 D7 A7 A7
D7 D7 A7 A7
E7 D7 A7 E7

という12小節のコード進行です。
キーはAですね。
Aブルースとも言います。
全部基本的には7thコードになります。
最後のE7からまた頭のA7に戻って、この12小節の繰り返しで延々とセッションが出来ちゃうわけです(笑)



さぁ、弾いてみましょうか♪
絶対にどこかで聞いた事があると思います♪
なんせ世界一有名なコード進行ですからね(笑)


ちなみにこの場合のキーはAですが、他のキーにも応用出来ます。
A7を?7と考えると、D7は?7(A→B→C#→Dで4つめだから)、E7は?7と表すことが出来ます。
こういう数字(ローマ数字)でコードを表す事を”度数”と言います。
まぁ、そんな言い方は置いといて・・・・
最初のブルース進行を度数で書くと、


?7 ?7 ?7 ?7

?7 ?7 ?7 ?7

?7 ?7 ?7 ?7

と書けます。


これの最初のコードがキーとなっているので、例えばキーがEのブルース進行なら?7がE7、?7がA7(E→F#→G#→Aで4つめだから)、?7がB7となります。


なので、キーがEのブルース進行は


E7 A7 E7 E7
A7 A7 E7 E7
B7 A7 E7 B7

となります。 


キーはともかくこの12小節が最も基本的な形で、このコード進行の一部分を色々変えていったりして、自分たちなりに楽しむこともできます♪

そういったものの中で、”ジャズ・ブルース”というものや”バード・ブルース”といったコード進行も登場してきました。


とは言っても、基本はコレでほとんど変わらないので、皆さんも自分なりに色々考えてみて、オリジナルのブルース進行でセッションしたり、曲を作ってみたりすると楽しいと思います♪



読んでくれてありがとう!!

 

(2007年6月28日(木) 17:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名ゲーム曲を手がけ、TV出演多数。業界の裏話も聞けます

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

ギターコーチの長屋です\(^o^)/ 主にエレキメインですがアコギも教えています。 他にもDTMの基礎とか。 最近は本当にレコーディングの仕事が多いですね! アイドルや声優さん、アニソンなどなど。 今週末にも知り合いの作曲家さんからドラムやベースやシンセサイザ...

先日、CLUB CITTA'川崎でライブやってきましたので、写真をupしてみたいと思います~d=(^o^)=b 大会場、イイっすわぁ~~~☆☆ 変な衣装を着てますがお気になさらずにwww これは、とあるアーティストから聞いた話になりますが、...

今月は大きな会場に出演します!!\(^o^)/ まぁ、ホール程ではありませんが… でも普通にバンドやってて、ここに出演する事は、かなり凄いコトなんですよ♪ これも現役バンドマン講師の僕ならでは(!?) まぁ、あまり(というか全然)講師は関係ありませんがw ...

ライブ三昧な春です\(^o^)/ 今月3本!! 来月も3本!! しかも大会場もアリ!! さらに色々とお仕事として頼まれたレコーディング多数!! 忙しいです。 春はミュージシャンもw しかし、こういった経験をレッスンにフィードバッ...

拍子のお話。 拍子というのは、4/4(4分の4と読みます)拍子とか、 6/8拍子とか よく耳にしますよね? 4/4拍子は簡単に言えば、 ワン、ツー、スリー、フォー と数えるやつです(笑) これは1小節内に4分音符が4つ、という意味なので、 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ