全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ミラクル☆アシスト・ギタースクール スクールブログ C・Maj S...

C・Maj Scale

なんと読むかわかりますか(笑)?


正しくはC・Major Scale=シー・メジャー・スケールです。


実は今日は音楽理論のお話です♪
音楽理論というものに、興味がある生徒さんも少なからずいらっしゃると思います。
しかし音楽理論というのはとても難しそうなイメージがあり、理論書などを見ても取っ付きにくいので、なかなか手を出せずに居る方も多いと思います。

そこで!ミラクル☆アシスト・ギタースクールでは将来必ず役に立つ、即実戦性のある音楽理論を、楽しく・皆さんが気づかないうちに覚えられるようなプランを組んでガッツリコッソリ(笑)、レクチャーしたいと思っています☆


ブログではたま~に、その一端をご紹介致します。



今日のテーマはC・Maj Scale。

゛スケール゛という言葉を聞いた事がある方も居るかと思います。
スケールは゛音階゛と訳され、音楽を理論的見地からみた場合、絶対に外せない概念です。

一般的な音楽にどのように使われているかというと、、、歌のメロディ・ギターソロ・イントロリフ・ベースやギターのバッキングライン・バイオリンなどストリングスのラインなどなど、使用用途は様々です。

音楽はスケールを似って構成されていると言っても過言ではありません。


でタイトルのC・Maj Scaleを簡単に言うと、゛ドレミファソラシド゛です(笑)
さすがに誰でも知っていますよね(笑)
そうなんです!
゛ドレミファソラシド゛を理論的な名前で呼んだものがC・Maj Scaleなんです!

実はこのように、理論というのはある程度誰もが知っている、または弾けるものが多いのです。
ただそれを体系的にわかりやすく呼びやすくまとめて名前をつけていたりするんですね。

そう!理論って難しそうに見えて実はごくごくカンタンなモノ!!
”微分・積分”のほうが遥かに難しいですよ!!(笑

そんな音楽理論の世界に是非、ミラクル☆アシスト・ギタースクールでちょびっと触れてみてください☆
きっと今まで見えなかった世界が開ける事かと思います!


読んでくれてありがとう!!

 

(2007年5月21日(月) 20:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名ゲーム曲を手がけ、TV出演多数。業界の裏話も聞けます

ミラクル☆アシスト・ギタースクール
長屋大輔 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・池袋・吉祥寺・笹塚・調布

ブログ記事 ページ先頭へ