全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター大阪 Guitar Labo - SBT スクールブログ アーティキュレ...

アーティキュレーション

黒人演歌歌手のジェロは例外として、アメリカ人に初めて日本の演歌を聴かせた後、歌ってもらうのは到底無理な話ですね。演歌には独特の「こぶし」、節回しやフィーリングがあります。長年、日本に住み、文化、歴史やさまざまなことを経験して理解できるようになるものです。

反対に日本の歌手に練習なしでいきなりヨーデルを歌ってもらうことも無理な話です。ものまね上手でも、ヨーデルを知り尽くしている人にはすぐ偽者だと分かりますよね?

アーティキュレーションとはそういったものです。 アーティキュレーションのない演奏は、舞台台本を棒読みするようなものです。

黒人のブルースには彼達の魂の奥深く、忘れてはいけない(いや、忘れられない)悲しい過去が存在します。彼達は心の底から歌っているので、聴いている人たちに共感を与えるのです。

人生で一度は挫折したり失恋した人、何か悲しい想い出がある人たちは心で弾くようにして欲しい。台本どおりではなく、生きた音をだす練習をお勧めします。 さて、どうすればいいのでしょう? 分かりやすいのが演奏に強弱をつけることです。これは本気でギターを弾いている内に自然とでて来ます。

要はフィーリングが大切と伝えたいのです。

さぁ、ギターの一音、一音に魂をこめて弾きましょう。

 

(2012年2月20日(月) 19:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学時にはハリウッドやロスで演奏活動も。ビートルズ世代の方必見!

ブログ記事 ページ先頭へ