全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ミラクル☆アシスト・ギタースクール スクールブログ 12/6 ...

12/6 おたまじゃくし

音楽で言う、おたまじゃくしとは”音符”のことです!w
♪  ←こんなやつ。



よく質問を受けるのですが、
”音符(楽譜)”は読めたほうがいいんですか???

と。


それは”読めた方がいい!!”に決まってますww


しかし、これは最初の頃はギターの練習とはまた別物。
知識的・慣れ的な要素が強いです。
音符が読めてもギターがすぐに上達するわけではありません。


通常、ギターやバンドの楽譜というのはTAB譜(タブ)と言って、6本の横線(通常の楽譜は5本)にギターの1~6弦が直接対応していて、押さえるフレットの数字が書いてあります。

なので、おたまじゃくし君が何の音であるかわかる必要はなく、数字をそのまま見て押さえていけばいいわけです。


なので、先の答えとしては”楽譜は読めた方がいいけど、読めなくてもとりあえず大丈夫!!!”というのが僕の個人的な回答です(他の先生は違うかもしれないのでw)。


ただし、”リズム”は違います。
リズムは中学校でやるような、全音符、2分音符、4分音符、休符、付点、スラーなどなど。
リズムはギター用の楽譜でも、通常の5線譜と同じように書いてあるので、リズムがわからないと押さえる音はわかっても完全にコピーなどは出来ません。
CDを聞いても全てのギターの音がクリアに聞こえるわけではないですからね。

リズム読譜に関しては慣れが相当必要なので、これもレッスンではしっかりやっていきますよ~~★


そんなわけで、おたまじゃくし君に悩んでいる方はとりあえずは置いておいてリズムをしっかり読めるようにしてみて下さい☆

 

(2011年12月6日(火) 21:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名ゲーム曲を手がけ、TV出演多数。業界の裏話も聞けます

ミラクル☆アシスト・ギタースクール
長屋大輔 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・池袋・吉祥寺・笹塚・調布

ブログ記事 ページ先頭へ