サイタ音楽教室ギター教室エレキギター神奈川 ギタースクール・Roots スクールブログ いい音の作りの...

いい音の作りの方 【10/21】

自宅で、スタジオで、ギタリストは色々なアンプを使うことが多いと思います。

そんな時に困るのが音作りですよね。

音作りは永遠の課題でもあるわけですが、今回は初心者にもわかりやすい「音作りのコツ」を伝授します。



皆さんの使っているアンプにはどんなつまみがついていますか??

GAIN/MASTER/BASS/MIDDLE/TREBLE/PRESENCE

こんなとこでしょうか??
物によってはこれより多かったり少なかったりすると思いますが、基本的にはこんな感じで並んでると思います。

次にそれぞれのつまみの意味を



GAIN 歪みの深さを調整します。

MASTER(VOLUME) 全体の音量を調整します。

BASS 低音域の強さを調整します。

MIDDLE 中音域の強さを調整します。

TREBLE 高音域の強さを調整します。

PRESENCE 超高音域の強さを調整します。



さて、ここからが音作りの仕方です。


まずはMASTER(VOLUME)を適量にあげてやります。

次に他のつまみを12時の辺りにセット。

あとは要らない部分を絞ったり、必要な部分を足したりします。



たとえば


もう少し低音域が欲しいと思えばBASSを右に回してやる。

高音が出すぎてキンキンする時などはTREBLE やPRESENCEを絞ってあげる。

などなど。


あと、ひとりで弾いる時は気持ちいい音でも、バンドアンサンブルになると聞こえなくなったりするので、時と場合によりセッティングを変えてあげないといけません。

そんなバンドアンサンブルで音が埋もれてしまう時なんかはTREBLEを少しあげるとしっかり音が聞こえるようになりますよ。

------------------------------------------------
【講師HP】http://profile.ameba.jp/hal-roots/
【REVOLT official PC/mobile site】http://revoltnet.adlf.jp/

 

(2011年10月21日(金) 23:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

マーティ・フリードマンなど共演者多数!大きな壁も一緒に越えれば効率的

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

時が過ぎるのは早くもう2月半ば・・・ ブログも結構放置しちゃいましたね^^; 現在大きなイベントに向け下準備をドタバタとしてます。 で、今日はそのイベントの詳細が決まったのでお知らせです。 「エマージェンザJAPAN SEMIFINAL」...

REVOLTホームページなどで既に知ってる方もいらっしゃるかと思いますが、 12月29日発売の音楽雑誌「Player」2月号にて、編集部のコメント付きでREVOLTが紹介されました。 表紙はエアロスミスで写真の感じです。 書店にいったら探し...

新しい年を迎え、これから新しいことを始めようとお考え中の皆様に嬉しいお知らせです。 なんと 1月中に無料体験レッスンをお申し込みの方、先着500名様まで入会金(8000円)が無料に!! これは大きいですよ。 スクール運営元のCyta....

新年明けましておめでとうございます。 2012年、新たな年のはじまりです。 2011年も忙しく駆け抜けてきましたが、今年もより忙しくなりそうで楽しみです。 そして、今年も多くの方と出会えることを心から楽しみにしてます。 ------------...

みなさん、Facebook使われてますか?? 自分も今年に入ってから使い出して今回我がBAND・ REVOLTのFacebookページが新しくなりました(^O^)/ サンプル音源も聞けるし、動画も。 LIVE情報もあげてく予定です。 U...

ブログ記事 ページ先頭へ