全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター北海道 Takadon◆ロックギタースクール スクールブログ プロ?(つω`...

プロ?(つω`)なりたい人はいますか?

こんにち


( ゜д゜)!
Takadonギタースクールの
さいつくさんです
( ´ ・ω・`)

今回、時間がありません!
こちらの都合でサクサクと
書き上げさせていただきます
(=゜ω゜)

今回は
プロ、アマチュア?
に関してチラホラ。

正直、わたくしは
音楽などの制作に携わってお金を頂く
という視点から考えると

プロとはいえません。
かといって、アマチュアほど
活動を「音楽」に重点を置いて
人生を歩んではいません。
( ´ ・ω・`)

何に属しているのか考えたら、
自由人?
(=゜ω゜)


要は、
音楽に関しては
「弾きたい」ってなったら
弾けばいいのではないかと
( ´ ・ω・`)


プロはお金が関係してきます。
確実にプロ意識が無ければ潰れます。
責任が重大です。
作品を作るとなると、創造性が試されます。
更にそれに対して、資本主義経済も連動してきます。
創造して増産する形にこたえたり、
その風潮に打ち勝ったりする人格や参謀が必要です。
アマチュアであっても
やはり音楽に対しての、もっと踏み込んだ意識が無ければ
潰れてしまいます。

両者に関しては、技術的な部分や、
音楽理論的な事柄に関しての基礎は必須です。


さて。
複雑な曖昧模糊な話は
ここまでとして

初心者、中級者の方で、
プロなどを全然考えていない方
「大いに音楽を楽しんでください!」
これ、ホント、マジで
(つω`)

「中途半端に」勉強していくことで
変な知識や技術、「常識」という偏見が
身についてしまって、
音楽を楽しめなくなるより、
純粋に「楽しい」音楽を
満喫してください
( *・ω・)ノ

プロ・アマ問わず、
お金が発生する状況を望む方
もう、お金を得た瞬間からプロです。
ぼくみたいに中途半端で終わる事の無いよう、
がむしゃらに、勉強と練習を極めて下さい!
(つω`)
それはもう、そんじょそこらのレベルの努力ではなく
半端ない努力で!
(`・ω・´)!

で、
どっちでもあり、どっちでもない方
いわば、どちらでもある方、どちらに対しても

「人との出会い・付き合い・交流を
一番、最大限、めいっぱい重視して下さい」

(`・ω・´)!

これ、マジ!


というよりは、

人がなんとかしている世間は、

やっぱり
「人」なんです
( ´ ・ω・`)

たとえば、
身の回りにあるものも
すべて「人」が作ったものですし
( ´ ・ω・`)
自然に整った形の木材が生えたりしないでしょ
自然にパソコンの部品が川から流れてきたりしないでしょ
自然に羽毛が集まって布団の形にはならないでしょ
組み立てたのも設計したのも人なんですわ

ブームの元を作るのも人ですし、
それが流行るのも
人がそれらに反応するからですし

経済のシステムを作り上げたのも「人」ですし


※自然界との比較じゃないですよ
( *・ω・)ノ
あくまで、人の住む状況やシステムにかんして


音楽で楽しむのも、その方法や
進むべき道、上達の方法などなど

やっぱり「人」の出会いや繋がりが
大きく影響しますのですよ。

逆に言ってしまえば、
技術的に全然普通でも
(努力や練習は必須ですよ)

出会った数々の人と真摯に付き合って
出逢いを大切にして、ちゃんと交流していたら

そういうタイプの技術を必要としている人に
めぐり合ったり、紹介してもらえたり、夢が実現する
( *・ω・)ノ

なぁ~んて
思想チックなブログになっちゃいましたが、

プロになるには意識が大切だし、
中途半端ではダメだけど、
音楽をする上で、
「音を楽しむ事」を忘れずに


でも、
それ以上に人との交流を大切に

という意味でした。

あー
まとまりないわ
( *・ω・)ノ


ただ、家で一人だけで勉強したり
練習したりするだけ、
も良いのですが
個人レッスンの場を利用して
新たな出逢いや繋がりを得る事も
大きな意義があるのですよ~

でわ!

 

(2011年9月9日(金) 21:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ESPギター科のトップクラスに在籍も!バンド活動やCD制作も指揮する先生

ブログ記事 ページ先頭へ