全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター埼玉 北埼玉ギター研究所 スクールブログ 自分にとっての...

自分にとってのギターって?

はじめまして。
北埼玉ギター研究所の沢田です。
夏になると注目される最高気温で有名な熊谷のとなり、深谷市を中心に北埼玉をギター人口で埋め尽くす!という野望をいだいています(笑)

さて、あなたにとってのギターはどんな存在でしょう?
「無くてはならないもの」という人もいれば「まだよくわからないけど、弾けるようになったらいいなぁ」と様々だと思います。

私、沢田はもう人生の半分以上ギターを弾いてきました。
今の自分にとっては「すべて」なんです。
でもギターを始めた頃はもちろん違います。
その頃は友達が欲しかったんです。
中学生の頃は、クラスでもそんなに勉強もできる訳でもなく、運動が得意な訳でもなく、「いてもいなくてもわからない」ようなやつだったんだと思います。
それでギター弾ければ少し友達も増えるんじゃないかと思って家にあったギターを触り始めました。
たしかに今までとは違う友達ができましたね。
で、エレキギター買ってもらってバンド始めたりして。

ところが中学卒業の頃は友達といる時間よりもギターを弾いている時間のほうが長くなっていました。
ギターが「友達」だったんです。
何の取り柄もなかった自分が他人より得意なことができたんです。
どんどん夢中になりましたね。

それから先はもう寝ても覚めてもギターのことばかり。
気がついたら「ギターなしの生活は考えられないもの」になっていました。
思うようにギターが弾けなかったり、いい音がしない時もありました。そんな時は何をしてても気分悪くて周りにあたったり。

その頃からギターは「自分そのもの」だったんです。

ギターや音楽の楽しみ方は人それぞれだと思います。
僕ができることは、ギターを通じて誰かの人生にほんの少し関わっていくことしかできない。

みなさんのギターライフに少しでも役にたてればいいなぁ、と思っています!

 

(2011年9月9日(金) 1:26)
この記事を書いたコーチ

プロ、音楽雑誌ライターとしても活躍!カレッジ特待生卒業、学校での指導も

ブログ記事 ページ先頭へ