全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ギタースクール・アンジー スクールブログ 9/6 これさ...

9/6 これさえ意識すれば曲やフレーズのコピーにももっと意味が出てくる!&アドリブにも役立つ!

tanakaです!


今日は曲やフレーズをコピーする時のコツと言うか、為になるコピーの仕方を紹介します☆


それはズバリ、ギターのパートを

【 歌 え る よ う に な る 事 】

です!!



なーんだ、と思ったみなさま、これはとても重要なんです。


フレーズが歌えて、尚かつそれを弾けるようになるという事は、

他の曲で同じコード進行が出てきた時に、すぐ引き出しと使えます。


よくフレーズだけをまる覚えをする方がいらっしゃいますが、
まずは弾くフレーズを歌って、そのメロディーを覚えてから、
実際にギターでフレーズを弾いて覚えるほうが、何倍も後々の役に立ちます!

本当です!


たとえば、表現力の面で、
弱く歌うところは弱く弾けるようになりますし、
強く歌いたい所は強く弾けるようになります。

また、「歌う」という事は必ず「息つぎ」が必要ですので、
それをギターで表現する際、イイ感じに休符で表現できるようになります。
するととても自然で素晴らしいフレーズが弾けるわけです。

まぁ要は、メリハリや抑揚があるギターが弾けるようになるって事です。



あとは「歌う、そしてそのフレーズを弾く」という事に慣れてくると、
今度は頭に浮かんだメロディーをそのままギターで弾けるようになります。

これが、まさに「アドリブ」です!


難しい理論なんか知らなくても、コードに合わせて歌えて、
尚かつそれをギターで弾ければ立派なアドリブになるんですよね。

生徒のみなさんはお気づきかもしれませんが、
「あの練習」をする時、いつも僕が「歌いながらやってみよう!」というのは
実は「あの練習」の延長線にこういった、「フレーズを歌えるようにする、そのフレーズをギターで弾けるようにする」為の練習というのがあるからなんです☆

そう考えるといつもしつこくやってる「あの練習」もとても大事に思えてきませんか??


当然ですが、レッスンでやってる内容でムダな練習は一切ありませんよ(笑)


生徒のみなさんのギターライフの先を見越しての練習だったわけなんです☆

田中先生やりますね!(自分でいうな)

さぁ今からでも遅くはありません
ぜひ「歌えるようになってから、ギターを弾く」という事を実践してみてください!


結果を焦ってはいけません。
数ヶ月後ではなく、数年後に必ず「この練習やってて良かった」
と思える事でしょう☆


それでわ~

 

(2011年9月6日(火) 23:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

某大会最優秀ギタリスト!ポップからフュージョンまでOK

ギタースクール・アンジー
田中雄志 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・初台・都立大学・自由が丘・三軒茶屋・駒沢大学

ブログ記事 ページ先頭へ