全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター大阪 りょうのギター道 スクールブログ プレイアビリテ...

プレイアビリティ02

前回はピックについてあれこれ書きましたが!
今回は『弦』について!

ピックと同じで弦も多種多用あります!
大きく分別すると
アコースティック弦・ガット弦・エレキ弦とギターの種類毎に弦も違ってます
今回はやはりエレキ弦についてです♪
何気なく張られてる弦ですが、太さ(ゲージと呼びます)があります
最初にギターを購入した時は一般なゲージ
1弦 09
2弦 11
3弦 16
4弦 24
5弦 32
6弦 42
09=0.009インチ

ですがボクは
1弦 10
2弦 13
3弦 17
4弦 26
5弦 36
6弦 46

を張ってます!
弦の太さで何が違うか?まずはサスティン(音の伸び)です、細い方が音の伸びがいいです!
でも細い弦だと太さが無いです
ボクはエッジの利いたカッティングとかで強いストロークをするし、その際一般的なゲージだと物足りなさを感じるので少し太くしてます

たった数ミリの違いですが、他人のギターを弾いた時に「弦細っ!」と思いますし他人がボクのギターを弾くと「弦太っ!」って言います♪
前に書いたピックもそうなんですが!ずっとギターを弾いていると直接肌に触れる部分は凄く大切で、B型でおおざっぱなボクでもけっこう神経になります…
『手』は人それぞれです、何が自分に合っているか?ゆっくり時間をかけて探すこともギターの楽しさの1つだと思います

プレイアビリティ02

(2011年8月29日(月) 21:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

インディーズで活躍。ビジュアルバンドやオリジナル曲作りもサポート!

ブログ記事 ページ先頭へ