全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ミラクル☆アシスト・ギタースクール スクールブログ 8/26 ...

8/26 ギター的音楽理論講座 スケール編2

さて、今日は前回のスケール講座の続きです(笑)!


メジャースケール、マイナースケールは大丈夫ですか!?
今日はこれを使ってモードを解説します。

モードの成り立ちや詳しい説明は省きますが、モードは前回のハーモニックマイナー、メロディックマイナー、ペンタトニックとはまた別のスケールだと考えて差し支えありません。
そのサウンドもそれぞれのモードが特有のものを持っています。




さて、C メジャースケールを例にしましょう。
C メジャースケールは
CDEFGAB というスケール。
このスケールの4番目の音を半音上げましょう。

CDEF#GAB になります。
これが7つあるモードの一つ、
Cリディアンモードです。
まぁ、名前はイカツイですが(笑)、単にそういうスケールです。




次は7番目の音を半音下げましょう。
今度は下げるので注意。
スケールは、
CDEFGAB♭ になります。
これをC ミクソリディアンモードと呼びます。

これにC メジャースケール
CDEFGAB (アイオニアンモードとも呼びます) を加えた3つのモードがメジャースケールから作られるモードです。どんなキーでも同様にモードは作られます。




ここで、別の視点から見てみると、アイオニアンがメジャースケールと全く同じであるように、リディアンやミクソリディアンもメジャースケールで表す事も出来ますので。

では実際にCリディアンをG から並び替えてみましょう。
GABCDEF# となります。
実は!!これは、G メジャースケールなんです。

C リディアン=G メジャー
つまり、C リディアンを弾きたければG メジャースケールを弾けばいいわけです。

C リディアンは勿論コードがCの時に使うスケールですが、コードがC なのにG メジャースケールを使うというわけです(笑)

ただし、理論上はそういう事ですが、これを実際にやってみると、全然リディアン的な雰囲気になりません。
スケール音は合っているのに…

これは、G メジャースケールを弾くという意識でやると、どうしてもフレーズがG メジャー的になってしまい、始まりや終わりもついつい、G 音になってしまうからです。

あくまで"C "リディアンなので、C 音を中心にまとめたフレーズを弾かなければいけないわけです。

もっと言えば、C メジャーとCリディアンの違いはF かF#音。

これを強調させたフレージングにすると、よりリディアンらしさが出ます。

メジャースケールと比べてこの違いとなる音をモードの特性音といいます。

やたらめったらG メジャースケールを弾けばいいわけではありませんが、理論上はC リディアンはG メジャースケールと構成音が同じという事ですね。





同様にC ミクソリディアンはF メジャースケールと同じ構成音です。

♭一つはF メジャーですからね。
まぁ、これもやはりF メジャースケールを適当に弾くのではなく、C 音と特性音であるB♭を強調したフレージングをしなければいけませんが。




というように、モードはメジャースケール(ナチュラルマイナースケール)に置き換えられます。

非常にギタリスト的な発想なので、理論書などには書いていないかもしれませんが。

メジャースケールやマイナースケールに置き換えればプレイしやすいですからね。
まぁ、フレージングはコピーしたり作ったりして引き出しを増やしたり、慣れたりする事は必要ですが…



まとめると、
リディアンモード→メジャースケールの4度を半音上げる
リディアン=5度上のメジャースケールと同じ構成音。
例:G リディアンモード=D メジャー スケール


ミクソリディアンモード→メジャースケールの7度を半音下げる
ミクソリディアン=4度上のメジャースケールと同じ構成音。
例:A ミクソリディアンモード=D メジャースケール



さて、次回はマイナーのモードについて書きますね♪

 

(2011年8月26日(金) 0:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名ゲーム曲を手がけ、TV出演多数。業界の裏話も聞けます

ミラクル☆アシスト・ギタースクール
長屋大輔 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・池袋・吉祥寺・笹塚・調布

ブログ記事 ページ先頭へ