全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビギナーギター講座 スクールブログ チューナーって...

チューナーってなんだろう?

こんにちは!

初心者の方には「どんなチューナーを使えばいいのか、買えばいいのか」迷ってしまいますよね?

今回はチューナーについて色々と案内していきますので、
参考にしてみて下さい。


簡単に言うとチューナーとは、

音の高さを確認するための道具です
(楽器を正確な音が出せるように調整するため)



様々なラインナップがあって、
ギター専用だったり、弦楽器専用だったり、琴専用ってのもあります!


でも間違いないのはクロマチックチューナーと呼ばれるもので、
ほぼ一般的な楽器なら何でも使えるので安心です。

※「クロマチック」とは
半音階という意味で、
文字通り、半音階の音も感知するチューナーなので、
ギターを含め様々な楽器のチューニングが出来るということです



OO専用と表記されてなければ、ほぼクロマチックチューナーなので、楽器店で普通に販売してます


さて、チューナーの種類ですが

『デジタルチューナー』

電池タイプで、OO専用など色々なラインナップがあります

楽器の音を鳴らせば自動で感知して何の音かを表示してくれる一番便利なチューナーです

メトロノーム付やクリップしてチューニングが出来るタイプもあるので便利です



『音叉(おんさ)』

U字型の金属製でU字部分を叩くと440Hz=A(ラ)の音が鳴る

ギターの場合5弦開放弦A(ラ)音が同じになるように合わせます。


『ピッチパイプ(調子笛)』

チューニングに使う音が出る笛で、

音叉と同様に音を聴いて、楽器の音も合わせていきます。

笛なので吹く(吸う)強さによって微妙に音の高さが変わるので、正確なチューニングには不向きと言えます。


以上、主要チューナーをご紹介しました


耳を鍛えるなら音叉やピッチパイプでもOKです

値段は手頃なので、音叉は持ってても損はないと思います


でもやっぱり「デジタルチューナー」が早く正確にチューニングが出来てすごく便利です
初心者の方には特にオススメ!









 

(2011年8月20日(土) 19:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

弾き方や音作りも。枠に捕らわれないスタイルが魅力!一度投げ出した方も

ブログ記事 ページ先頭へ