全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ アンサンブルの...

アンサンブルの基本

こんばんわ~

今年の夏はそこまで暑くなく、蝉もあまり鳴いていない印象、、、

涼しいと過ごしやすいのですが、夏らしくないと寂しいものですね。


さて、今日はバンド演奏するときに何を注意するべきか、という話をします。

実際には注意するべき点はたくさんあるのですが、特に気をつけてもらいたいのは、他のパートの楽器、、、、ボーカルはもちろん、ドラムやベース、キーボードなどの「自分以外の楽器の音を良く聴くこと」です。


ギターを始めたばっかりで、バンドと合わせるときには自分の演奏でいっぱいいっぱいになってしまい、なかなか他の楽器の演奏を聴けていない人がいます。

たしかに自分の音を良く聴くことも大切ですが、それ以上に他のパートをよく聴くことはとても大切です。


なぜなら
「他のパートがどのように演奏するかによって、自分の演奏も変わってくる」
からです。

ドラムのスネアの打つタイミングや、ベースのパターン、キーボードが弾くハーモニーによって自分のプレイするべき内容も変わってきます。


例えば、ベースラインと重複する箇所で、ギターは低音弦を弾かないようにするとか、キーボードがコードにテンションを足しているなら、ギターはトライアド(三和音)でシンプルにするとか、「他のパートを聴いた上でバランスをとること」がとても大切です。


そして、何よりもグルーブを感じれるように、ドラムを中心にバンド全体を良く聴いてリズムを感じましょう。


歌い手のテンション、息づかいを感じることもとても重要です。


バンド演奏は生モノなので、そのときそのときの呼吸を感じてギターも歌うようにプレイすることができれば、より生き生きとしてきます。


バンドで練習する際には、「他の楽器のパートを良く聴くこと」から始めましょう。

 

(2011年8月4日(木) 21:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バークリーの奨学金もパスした実力派!レコーディングにも精通

ビタミン・ギタースクール
三田村和義 (エレキギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・市ケ谷・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下...

ブログ記事 ページ先頭へ