全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ラグーンギタースクール スクールブログ ギタリストの味...

ギタリストの味って

良く味のあるプレイだ、とか味のあるフレーズだよねぇって会話を耳にします

でも、味ってなんなの?って疑問になった事ありませんか??

自分も良く味のある良いプレイするね、って言われます
褒め言葉として、素直に聞いています

そして本題

ギタリストの味ってのは何?
という話し、これはもうグルーヴと同じ、人それぞれ、解釈が違います
一筋縄では説明出来ません、奏法と違ってこれがそうって言う物が無いからです

個人的な感覚ですが、ギタリストの味=個性って物だと思ってます

もっと簡単に言えば、自分の『音』です
フレーズでも、出す音でも、そのギタリストの個性です

例えばザックワイルド音の味と言ったら、強烈なビブラート、ピッキングハーモニクスなんかが上げられます

誰が聞いても、あぁザック・ワイルドだって聞こえてきます

それが、味だと思っています

ブルースになると、ギタリストが3人位のセッションの音源が良くありますが、聞いて、あっこれ誰の音だ、って分かるのと一緒です

それだけ人には味があるって事です

10人にギター弾かせたら歪ませても、クリーンでも10人全く違う音になりますよ

最後に自分の味って言うのを出すには、いろんな音楽を聴いて、コピーしたりして、刺激を受けたり、自分の好みのセッティングを見つけたりって経験が、知らず知らずのうちに作って行きます

なので、俺の個性ってなんなんだろう?とか真剣に悩む事はありません

 

(2011年7月19日(火) 23:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

安定したバッキング、タッチを手っ取り早く会得できます

ラグーンギタースクール
清水大樹 (エレキギター)

高田馬場・池袋・西日暮里・日暮里・御徒町・秋葉原

ブログ記事 ページ先頭へ