全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ギタースクール・アンジー スクールブログ 6/12 どっ...

6/12 どっち?


tanakaです!

現在夜中の2時をまわっております。
こーゆー仕事をしていると、生活サイクルが不定期なので、健康にはよくありませんね(笑)

さて、わたくし最近練習に熱が入っております。
で、効率のいい練習方法って何かな~って改めて考えてるわけですよ。

例えば、アドリブを弾きたいと思った時に、

1 スケールを覚える
2 短いフレーズを覚える
3 短いフレーズをつなげて長いアドリブにする

といった順番が今まではセオリーだったんですが、「いや、ちょっとまてよ」と。

たとえば、子供がしゃべれるようになる時って、「パパ」とか「ママ」とか簡単な単語を覚えて、文法とか「あいうえお~」ってのはその後じゃないか?って。
とゆー事は、
上でいう1番と2番は実は逆の方が効率がいいんじゃないか?
って思ったワケなんです。

ようは

1 短いフレーズ(単語)を覚える
2 スケール(あいうえお)を覚える
3 短いフレーズをつなげて長いアドリブ(文章)にする

みたいな感じでしょうか?

でも、論理的に考えると、やっぱりスケール覚えてから単語覚えた方がやりやすい気はするんですけどねぇ。。。
うーん、どうなんでしょ?こればっかりは実践してみないと分かりません。

スケールから覚えるのと、フレーズから覚えるの、どちらが効率的か?
誰か実験台になってみませんか?笑




 

(2011年6月13日(月) 2:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

某大会最優秀ギタリスト!ポップからフュージョンまでOK

ギタースクール・アンジー
田中雄志 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・初台・都立大学・自由が丘・三軒茶屋・駒沢大学

ブログ記事 ページ先頭へ