全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ミラクル☆アシスト・ギタースクール スクールブログ 6/1 ...

6/1 今日はサポートでライブ!!

シンガーソングライターさんのライブサポートで出演してきます☆

2マンライブで10曲以上やるのに、スタジオリハ一回しか入っていませんからねw
まぁ慣れてる曲も半分くらいあるんですが・・・・
メドレー仕様にしたり、アレンジ変えたり、なんだかんだで覚える事は新曲含めたくさんです。


僕の最近のギターシステムはJC-120にエフェクターはBOSSのGT-10(マルチ)を直結!!・・・・・という、なんとも潔いシステムw

真空管アンプも持ってはいるんですが、車の時以外は持って行けないので・・・・
でも先日、プロギタリストであり、色んなゲーム音楽などを手がけている方に"JCであんないいサウンドを出すギタリストに久しぶりに会った!"と言われましたw

つまりは、大事なのは音づくりの仕方であり、自分の"カッコイイ!"と思えるサウンドのイメージであり、あとはウデ?ですかねw

確かによく言いますからね・・・・・・プロは一万円のギターでもカッコイイ音を出す、って。

それは言い得て妙、というか、確かに安いよりは高いギターの方が一般的に本体のサウンドは絶対にいいはずでしょう。
しかし、個性のある音・自分だけの音・プロとしての音は本体の性能ではなく、絶対にその人の経験や技術から来るもので、
どんなイイ機材を使っても自分の中に"カッコイイ音"の基準や信念がないとイイ音にはなりません。

逆にプロは各自がそれぞれ自分なりの”カッコイイ音”のイメージを明確に持っているからこそ、どんな機材でもプロとしてのある一定以上のクオリティのサウンドを出す事が出来るんだと思います。

それはイメージと耳と技術や経験がモノ言う世界。
そう簡単に出来ることではありませんが、まずはアンプ直結!!でイイ音を目指すといいかもしれませんねw



では、行って来ます♪

 

(2011年6月1日(水) 10:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名ゲーム曲を手がけ、TV出演多数。業界の裏話も聞けます

ミラクル☆アシスト・ギタースクール
長屋大輔 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・池袋・吉祥寺・笹塚・調布

ブログ記事 ページ先頭へ