全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ギタースクール・アンジー スクールブログ あなたの音楽を...

あなたの音楽を、あなたで作ればいい

講師のtanakaです。

皆さん料理は出来ますか??

僕は趣味と言ったら料理くらいしかありません。(ごめんウソです。笑
まぁ上手いかヘタかは別として、料理は凄い好きです。
毎日作ります。

僕はレシピは基本見ない人ですけど、レシピってあれば凄く便利ですよね?
レシピ通り無難にそのまま作ってしまう事もあれば、レシピ通り作らない事もあったりして…

まぁ結果、おいしく料理が出来ればいいんですよね。

そして、レシピについて考えてたらこう思ったんです。

レシピって「料理の歴史の集大成」だなって。

そして、必ずしもその通りに作らなくても、上手く出来る事が多々あると。

これは、音楽にも言える事だととっさに思いました。
音楽理論とは…

「音楽の歴史の集大成」


ただ、これだけなんだと。

今ある音楽理論が完成系なわけでは無く、この先何十年で今ある音楽の常識が覆る可能性は十分にありますし、

何も「理論=ルール」では無いのです。

確かに言い方を変えれば、理論とは音楽を自由に扱う為のルールではありますが、絶対的なルールではないのです。
理論を外れた方が良く聞こえる場合だってありますからね。

ブルースなんてまさにそう。

ブルースは西洋音楽から見れば意外の連続。
ブルーノートが入る事によって、長3度と短3度が入り交じり、なんとも言い様が無い、フィーリングがでてきます。7度もね。
ブルーノートとは黒人の訛りであり、何ともいえない奴隷時代の感情が入っているのです。

感情を文章で表す事は出来ない。
絶対的な表記なんて出来るはずがない。

音程もリズムもきっちりしている音楽なら、機械にやらせればいいワケで…
音程もリズムも微妙にズレている人間の演奏だからこそ、ノリが加わり、感情が加わるわけなんですよね。

まさに音楽とは感情

よく考えて下さい。

長(メジャー)か、短(マイナー)か…。。

言い換えると、

明るいか、暗いか…。。

人間の感情はこの両極端しかないでしょうか?
いや、明と暗の中間の感情も持っているハズ、人間だもの。(みつを風。笑)

そもそも、音楽(感情)を明るいか暗いかのどっちかで表現するなんて極端すぎますよね。
人間ならば誰でも、その中間の感情や、その中間の中間の感情をもっているはず。

それを表現出来ているのは、やはりブルースですね。

明るい音(長3度)と、暗い音(短3度)、さらにクォーター(1/4)な音程も表現しますから。

まさに感情のままに生まれた音楽。

それを表現するのに、弦楽器であるギターはまさに特化していると言えるでしょう。


また、ロックでよく使われるパワーコード。
ルートと5度の音だけで構成されたこの音は、まさに意外。

3度の音(明暗を決める音)が入っていないですからね。

パワーコードとは、コード感を出すためのモノではなく、まさに楽曲にパワーを与える為に使われているロック特有の物だと言えるでしょう。


ブルーノート、パワーコード等、意外な事も現代の音楽では頻繁に使われています。
音楽に正解なんてない。 
理論が正解なわけではない。
そう、だれも理論が絶対的なものなんて一言も言っていないのです。

あくまで理論は、「音楽の歴史」を綴ったもの。

音楽はもっと自由で、もっと感情的なもの。

あなたの音楽を、あなたで作ればいい。


音を自分で楽しめて、尚かつ相手に楽しませる事が出来ているのなら、いくら理論を外れていてもそれは凄く素晴らしい音楽だと思います。

 

(2007年9月9日(日) 20:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

某大会最優秀ギタリスト!ポップからフュージョンまでOK

ギタースクール・アンジー
田中雄志 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・初台・都立大学・自由が丘・三軒茶屋・駒沢大学

ブログ記事 ページ先頭へ