全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター神奈川 ギタースクールEPISODE スクールブログ 音楽理論教材作...

音楽理論教材作成中

音楽理論の教材を作るべく、

音楽の学校に行っていた頃の音楽理論の教科書や、

配布されたプリントを再び見てみると、そこには、

これから作成しようとしていたギターやベースの理論が

びっしり分かりやすく書かれていた。



今までのレッスンでも、時々、理論をやるにあたり、

自分の中で納得しながら教材作っていたけれど、

もっともっと掘り下げて、基礎的なことから分かりやすく

作らないとダメだな・・・っと、痛感。



音楽理論は、自分で曲を作る人には必須です。



例えば・・・

「なんとなくメロディーが出来ちゃった。」

これはこれでOKです! 

聞いておかしくなければ、大丈夫です。



その次の工程として、コードを当てはめたり、

イントロやソロを入れますよね。

この時に、理論が分かれば楽しくなりますし、楽です。



そして・・・

苦労して作ったオリジナルDEMO曲。

バンドメンバーさんに配布して聞いてもらったところ、

Voさん以外のメンバーは、「カッコイイ」 と、

言ってくれました。


作った曲、すぐに人に聞いてもらいたいですよね。

分かります。はい


しかし、Voさんが、

「キーが合わない!! もっと、落として欲しい!
 とか、あげて欲しい」

なんて言われてしまいました。

さぁ、対処できますか?


こんな時の為に知っていて欲しい、ギターベース理論。

サクサクっといじれれば、カッコイイですよね。



ギターを趣味ではなく、もっともっと、極めたいという生徒さん、

はたまた、音楽理論を教わりたいという生徒さん。

オリジナルを作って、活動していく方。


理論はしっかり勉強して身につけましょう!





尚・・・

上を目指す生徒さんには、この理論を分かりやすく説明します。


教材も作っていますから、言って下さいネ

 

(2011年1月21日(金) 15:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メタルとロックをこよなく愛す、基礎もおさえた熱血先生

ギタースクールEPISODE
小倉英人 (エレキギター)

横浜・藤沢・菊名・新横浜・町田・桜木町・関内・石川町・白楽・赤坂・元町・中華街

ブログ記事 ページ先頭へ