全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 BigCat エレキギター教室 スクールブログ

こんばんは!
コーチの中野(ぎんじねこ)です!


ギターの弦は消耗品です。

初心者の内は、ピッキングに力が入りすぎて、1弦あたりの細い弦が切れやすくなりがちです。

弦はバラでも売ってますが、弦は手の汗や空気で錆ていきますので、定期的に全部の弦を交換する必要があります。

錆びたままの弦を使い続けると、フレットの減りが早くなり、フレットメンテを早い周期でするハメになります。

ちなみに、フレットは通常3~5年に1度擦り合わせや打ち直しをしますが、擦り合わせだと7000円~。打ち直しだと3万円~が相場です。

フレットの為にも、弦は定期的に交換しましょう。

交換の周期はおよそ1ヶ月程度。

フラット弦と呼ばれる、ノンコーティング弦。
いわゆる、劣化防止処理がされていない弦は比較的安いですが、その分錆などの劣化も早く切れやすいのがデメリットです。
メリットはコーティング弦よりも音が良く、ロックっぽい音がします。

逆に、エリクサー等のコーティング弦は、切れない限りは半年程持ちます。
その分お値段も高く、ワンセット1500円程です。

ちなみに、私はエリクサーの09セットを愛用しています。

 

(2011年1月19日(水) 23:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

演奏だけでなく、業界話や演奏動画の作り方など色々教えます!

ブログ記事 ページ先頭へ