全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ギタースクール・アンジー スクールブログ 理論の扉を開こ...

理論の扉を開こう!3

講師のtanakaです。

さて、今日は理論の扉第三弾です。
前回までに、度数、長短をやりました。

今回も、それはそれは


  か な り 噛 み 砕 い て 


説明していきたいと思います(笑


まず…

前回のおさらいです。

ド  →  ド  :完全1度
ド  →  レ  :長2度
ド  →  ミ  :長3度
ド  →  ファ :完全4度
ド  →  ソ  :完全5度
ド  →  ラ  :長6度
ド  →  シ  :長7度
ド  →  (オクターブ上)ド  :完全8度

になり、例えば

ド → ミ :長3度

に対して

レ → ファ :短3度

になる旨を説明しました。

これは、「ド → ミ」に比べて「ミ → ファ」は半音分距離が小さいからであると説明したと思います。
大丈夫でしょうか??


では…

ド → ファ :完全4度

ですが、

ド → ファ#  は どうなるのか?


ここで、「増減」の登場です。


「ド → ファ# 」は 「ド → ファ」に比べて、半音1つ分距離が大きいですよね?
ですので、このというのがつきます。

整理すると

ド → ファ :完全4度
ド → ファ# :増4度

になります。

逆に、

ド → ファb  

の場合は、 減がつき、

ド → ファb :減4度

になります。
理解出来ましたでしょうか??


要は完全○度というものが
半音分大きくなれば 増○度
半音分小さくなれば 減○度

となるという事です。


ちなみに、
長○度というものが、更に半音分大きくなっても 増○度
短○度というものが、更に半音分小さくなっても 減○度

という名称がつきます。


ちなみにちなみに、
増○度というものが、更に半音分大きくなった場合 重増○度
減○度というものが、更に半音分小さくなった場合 重減○度

となります。



音程に関しては以上になります。
さんざん説明しましたが、実はこれだけ知っていても何の役にも立ちません(笑

これは、これから理論について諸々説明するに当たって必要になってくる用語のようなものなのです。 

例えば、
PCのマウスのボタンを押す = クリック
と言いますよね??
いちいち「マウスのボタン押して」なんて言いませんよね??
大抵、「クリックする」の用語を用いると思います。

例えば、
算数をやるとき
1 = いち
2 = に
だと知っていなければ、まず話が進みませんよね??

この「○度」というのも、そんな用語的ニュアンスです。(厳密にはちょっと違いますが。笑
ですので、これらだけ知っておいても何の役にも立たないのです。。。笑


理論を説明するに当たって「○度」というものは必ず出てきます。
ですので、まずはこの音程について理解する必要があるのです。

基本的な事になりますので、音程を理解しておく事は重要になります。


さぁ、理論を学ぶ上でまず基本的になる事は説明しました。
いざ本格的に理論に突入しましょう!!


…といきたい所ですが、続きは実際のレッスンで。笑


なんとケチくさいと思ったそこのあなた。

僕はケチで有名なんです(爆



まぁそれは冗談として、やはりこういったものは書面だけでなく、実際に耳で聞いて、ギターを弾きながらやってみるのが一番なんですよ。
ですので、実際にレッスンで説明し、解説するのが一番だと僕は思っています。
案の定マンツーマンレッスンですので、分からなくても恥ずかしい事はまったくありませんからね。

ぜひレッスンを活用してもらえればと思います。


さて、ひとまずはこの音程について頑張って理解してみてください。
最初は頭を抱えても、慣れてしまえばなんて事はないですよ!

そうしたら理論についての理解が深まりますし、様々なスケールも使いこなせれる様になるってもんです!

ぜひ頑張ってみてください。
それでわ!

 

(2007年8月25日(土) 19:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

某大会最優秀ギタリスト!ポップからフュージョンまでOK

ギタースクール・アンジー
田中雄志 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・初台・都立大学・自由が丘・三軒茶屋・駒沢大学

ブログ記事 ページ先頭へ