全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター福岡 yoshio's エレキギタースクール スクールブログ 新年は楽器磨き...

新年は楽器磨きから

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

福岡はめちゃくちゃ寒いです!演奏前のウォームアップを
十分にやって、今年もギターを弾きまくりましょう!


さて、私は新年早々ギターの弦交換&メンテナンスを
しております(旧年中にやれという話ですが・・・)

という訳で(どんな訳だ?)今回は弦交換についてです。


私の場合、弦交換のペースはライブがあれば直前(1~2日前)に、
その他の場合はだいたい一ヵ月に1回くらいです。

弦というのは消耗品なので(錆びたり切れたりします)交換が
必要になってきます。

プロの方のレコーディングな場合、1曲ごとに交換することもも
あるようです。

でも弦もタダじゃないので普通はそんなに交換するのも
難しいですよね?

なので今回は適度な弦交換時期の目安を考えてみましょう!


普通弦交換をする場合

1.切れた時

→要交換ですね。弦が不良品であまりに早く切れた場合を除けば
寿命が来ていると思われるので、一本だけではなく
すべての弦を交換しましょう!


2.錆びた時

→切れていなくても、湿気や手の汗、脂で弦は腐食し
錆びていきます。この状態では音は出ますが、チューニングが合わなく
なってくる他、フレットやブリッジなどの接触部分の部品にも
サビが伝染してきますので、早目に交換しましょう!


3.音質の劣化が気になる時

→弦というのは実は張ってからはどんどん痛んでいくものなのです。
個人差はあると思いますが、1日たっただけでも音質が変わっているので
気になる方もいると思います。理想は毎日交換することでしょうが
実際は難しいと思われますので

◯演奏したあとは必ずクロス(楽器用拭き取り用の布)で磨く
◯なるべくケースにしまう

など、痛みを少なくする対策をしましょう。
マメに磨くことで、弦だけではなくギターそのものも
長持ちさせることが出来るはずです。


楽器を大事にして快適な演奏を楽しみましょう!






 

(2011年1月1日(土) 2:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサートマスターとして活動中!チームとギターの調和を目指すなら

ブログ記事 ページ先頭へ