全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ギタースクール・アンジー スクールブログ 理論の扉を開こ...

理論の扉を開こう!

講師のtanakaです。

さて、ギターを弾く上で、アドリブをする上で…、、、と言いますか、音楽をやる上で音楽理論というのは少なからず必要になってくると思います。

音楽理論 と聞いて少し構えてしまったそこのあなた。
心配ありません。
まずは最低限知っておくべき事を知っておくだけでいいのです。

それでは最低限知っておくべき事とは何か…??

それを今日は


  か な り 噛 み 砕 い て 


説明いたしましょう!


まず、Key in Cで話を進めていきます。

単純に
ドレミファソラシド〜♪ ですね。

これらの関係を見てみましょう!
まず…

ド  レ  ミ  ファ  ソ  ラ  シ  ド
 ∨  ∨   ∨   ∨  ∨  ∨  ∨
 全  全   半   全  全  全  半

となります。
これはどういう事かと言うと、

ドとレの間は全音…
ミとファの間は半音…

という事で、
簡単に言うと、ピアノの鍵盤を考えた時に、間に黒鍵があるかないかの違いです。
ギターで言ったら2フレット移動するのか1フレットだけ移動するかの違いです。

例)
ド→レ(全音)  : 5弦3f→5弦5fへ移動(2f分移動)
ミ→ファ(半音) : 4弦2f→4弦3fへ移動(1f分移動)


メジャースケールは「全全半全全全半」で出来ている、と。
こーゆー事です。

メジャースケールはとても基本的なものになるので、まるまる覚えちゃいましょう!
他スケールを覚える時にも役立ちます。


まずはこれさえ覚えれば大丈夫!! 簡単ですよね??


そして、音楽の世界には音程というものがあります。
音程とは、ある音とある音の距離の事をいいます。

単位は○度という風に度数で表します。

ざっと書いちゃいますね。

ド → ド   :1度
ド → レ   :2度
ド → ミ   :3度
ド → ファ  :4度
ド → ソ   :5度
ド → ラ   :6度
ド → シ   :7度

となります。
これらはドから見た時のそれぞれの音を度数で表したものです。

単純に指を折りながら数えて、「ドレミファ〜」ってやっていくと、折った指の数が度数になります。
簡単でしょ??

まぁ、まず今回はこのくらいでしょうか??

で、勘のイイ人は
「じゃぁ、レ→ファとか、シ→ドは何度になるんだ?」

って疑問が出てくると思います。
さぁ、どーなるんでしょう??

分からない方、答え合わせをしたい方はぜひレッスンに来て聞いてください!


そんなんの余裕だよ〜

って人には今回はつまらない話になってしまいましたね、ごめんなさい。

ここのblogではそこまで詳しい理論の事は話しませんが、最低限の知識として必要になるであろう事を説明したいと思います。(ここで詳しくやっちゃったらレッスンの意味が無くなっちゃいますからね。笑)

理論がまったく分からない人は、このblog&レッスンを多いに活用して貰えればと思います。



さぁ!今回はメジャースケールの構成と、音程の度数までやりました。
実は音程はコレだけじゃないんです!!

度数だけじゃ、正確な音と音の距離が割り出せません。そこで…。。。。。


とゆーのはまた次回で!
乞うご期待!


それでわ〜


 

(2007年7月29日(日) 23:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

某大会最優秀ギタリスト!ポップからフュージョンまでOK

ギタースクール・アンジー
田中雄志 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・初台・都立大学・自由が丘・三軒茶屋・駒沢大学

ブログ記事 ページ先頭へ