サイタ音楽教室ギター教室エレキギター神奈川 ギタースクールEPISODE スクールブログ 久しぶりに

久しぶりに

皆さんこんにちは。
久しぶりにブログ書きます。

あっという間に年末になりました。
12月24日だというのに、外も暖かく、
クリスマスムードという雰囲気は、とっても薄い気がします。


今夜も小倉はギターです。
マイケルジャクソンのTV見ながら、オリアンティー見ながら(笑)ギター弾いてますよ。


最近はオジー・オズボーンのCRAZY TRAINという曲を練習して毎日弾いてます。
83年ごろの曲でしょうか・・・

このCRAZY TRAIN を弾いている、
ギターリストのランディー・ローズはご存知でしょうか?

粘っこい哀愁を漂わせた弾き方をするんですが、
(聴けば「なるほどー」なんて分かると思います。)
レスポールの音が気持ちイイですよ~。

明るく、ノリやすい曲で、自然に体が動きますよ。
YOUTUBEで聴けますから、検索してみて下さい。


さて、レスポールと言えば、先日、楽器屋さんで
気になるレスポールスタンダードがあったので弾かせてもらいました。

モデルチェンジを行った2009モデルのヒスコレと、
2010モデルのヒスコレです。

1959を再現したこのシリーズですが、2種類共に、
定価は何と100万円超えです!

販売価格は2010モデルが60万円、2009モデルが50万円でした。


まずは、2010のレスポールから弾いてみます。


ジャラーーン 
↑クリアートーンで軽くコードを弾きます。


「おぉ?? これが100万円の音? 
うちにあるのとそう変わらないジャン」

もう少し力を入れて弾きました。


ヂぁらーーん!!


「おおおぉ?? 音が突然でかくなった!!」


もっと力を入れました


ヂヂぁらーーーん!!!


「おおおおおお☆ すごい!!」

力を入れれば入れるほど、反応してくれます。


コードパターンを交えて弾いたり、いろいろなリズムで
弾いてみました。



「こ、これは・・・・・」


「気持ちイイ!!」



この感覚は初めてでした。
テンションが一気に上がります。


歪ませて、CRAZY TRAIN を弾くと・・・


思わず、顔が火照る、、、そんな音が返ってきます。
(伝わるかな??)


気持ち良すぎです。
しっかり気に入りました。



そして、2009モデル弾くと、

あれれ??

Volが小さくなってしまったかのように、力を入れても
音が変わりません。

明らかに、2010モデルの方が迫力もあり、弾いていて
テンション上がる楽器でした。


レスポールは個体差があると聞きますが、あれほど違うとは思ってもみませんでした。


レスポール(ヒスコレ)の購入に至りましては、
絶対に試演奏してから購入することをオススメします。

なんなら、小倉が一緒に行きます♪


あのレスポールがしっかり気に入ってしまったのですが、
やはり楽器は古い方が木の乾燥も進み、素晴らしい音で
鳴ってくれるはずなので、あの音の出方で、程度良い
中古があればいいなぁ。

そして、あと50年後、どんな音になるか・・・


って、小倉はこの世に・・・><;


そんな気持ちでおります。


余談ですが、本物の1959生産のモデル、市場価格はどれぐらいかご存知ですか?
生産本数も少なかったこともあり、

現在は2000万~4000万で取引されているようです。

うーーーん

とてもじゃないけど、手が出ない・・・・



そういえば、年末ジャンボが発売されているな。。。



さて、皆さんは今日、どんなクリスマスイブを過ごす予定ですか?


 

(2010年12月24日(金) 11:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メタルとロックをこよなく愛す、基礎もおさえた熱血先生

ギタースクールEPISODE
小倉英人 (エレキギター)

横浜・藤沢・新横浜・町田・桜木町・関内・石川町・白楽・赤坂・元町・中華街

ブログ記事 ページ先頭へ