全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター愛知 気楽にシビアに!ギターレッスン♪ スクールブログ メトロノームの...

メトロノームの使い方を工夫しよう!

皆さんおはようございまーす!ギター講師の平野です(^o^)/

風邪など引いていませんでしょうか?
ボクは今年新年一発目から風邪を引いて、新年会やらなんやらキャンセルで散々だったので
今年は体調管理だけはきちんとしようと思っとります!!

さて今回はメトロノームの使い方について書きますね。

皆さんメトロノームは普段使っていますか?
しっかりしたタイム感を養うには有効なツールです。
やっぱり演奏がよれよれではカッコ悪いですしね(-.-;)

さぁ早速紹介しますよ。
普通は4分音符で鳴らしているかと思います。
まず肩慣らしに8分音符にしてみましょう。4分の裏が感じられますよね。
そしたら16分音符で。16分は特にシビアにジャストを目指しましょう!

では今度は2分音符で鳴らします。1、2、3、4の1と3がなるわけです。2と4を自分の力で感じられますか?

それが出来たら2と4の位置でメトロノームがなるように頭をずらしてみます。1、ピッ、3、ピッ…みたいになります。
最初はこれが以外に難しい。ヒントは8ビートのスネアの位置です(b^ー°)

今度はメトロノームを4分に戻して、8分音符の裏になるようにずらします。1ピッ、2ピッ…。
さらに応用して16分音符でもずらしてみます。

このようにどこで鳴らすかをずらすことによって、よりリズムの正確な位置を把握出来るようになりますよ。3連符もやってみてね。

それでは今回はこの辺で!

 

(2010年12月17日(金) 19:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

失敗談から裏技まで、楽しさをとことん体感できるレッスンです

ブログ記事 ページ先頭へ