全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター愛知 気楽にシビアに!ギターレッスン♪ スクールブログ 曲をコピー!

曲をコピー!

皆さんおはようございます!!
ギター講師の平野です(^∀^)ノ

今日は早くも忘年会でした。楽しかったけどお財布が寂しいなぁー(>_<)
いや、ちゃんと行く前に練習しましたよ?

さて今日は曲のコピーについてお話したいと思います。
皆さんは普段コピーするときどのようにコピーしていますか?
タブ譜?五線譜?

どちらも正解です。が、使い方にポイントがあります。
それはどちらも耳コピをしよう、ということです。

何故なら譜面では表せることに限りがあるからです。
どちらも音やリズム、奏法、さらにタブ譜ではポジションがわかります。
これらはコピーする上で非常に役立ちますし便利なものです。

ただ一番の問題点は、そこにニュアンスが表せないこと。
強弱やモタり、チョーキングやビブラートなど、アーティストの個性が表されていないんですね。

これでは音があっていてもコピーしたことにはなりませんよね。
だからこそ、耳でコピーすること、耳コピが必要不可欠なわけです。
映像を研究してみるのも大変有効だと思います。

それが出来たら、今度は譜面のないものを自分で耳コピしてみましょう。
出来たら譜面も書いてみてくださぃ。
正直めちゃくちゃ時間と労力を必要とします。
でもこれがミュージシャンの命、耳を鍛えることにも繋がります。
大変ですが永い目でチャレンジしてみてくださぃo(`▽´)o

それでは今回はこの辺で…。
また次回!

 

(2010年12月12日(日) 4:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

失敗談から裏技まで、楽しさをとことん体感できるレッスンです

ブログ記事 ページ先頭へ