全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター愛知 気楽にシビアに!ギターレッスン♪ スクールブログ レコーディング

レコーディング

どうも!
ギター講師の平野です。

風邪じゃなくて
ギターを弾いていますかねー?
毎日楽しくギターに触りましょう!
ギターは友達b

さぁところで
本日ミキシング作業をしておりました。
レコーディングした音の調整を行う段階です。
明後日、また別件のレコーディングがあるわけなんですが、
そこでレコーディングでの心得的なものを
少し紹介しますね。

まず、「万全の状態で挑む」ことが大事です。
弦は死んでないか、チューニングは?
爪は切ってあるか、音作りはある程度してあるか、
何をどこで弾くか、ソロはどうするのか、etc…。

このようにレコーディングに入る前に
リハーサルしておかなければならないことは沢山あります!

音作りに関しては
マイキングなどによって変わってきますので
エンジニアの方と相談して決めるのが良いでしょう。

と、いうことはですよ?
それ以外に時間はなるべく掛けないようにする!
これに尽きます。

録ってみなければわからないこともあります。
ですからプリプロと呼ばれる、
事前に仮でレコーディングをして
録りながら具体的にどうアレンジしていくか決める作業がありあます。
それを自宅やスタジオなどででやってから挑むとより良いと思います。

自分のバンドとなると、
計約しているわけでなければ
スタジオ代も実費なわけですよね。
だからこそ、いかに有効に時間を使えるか。
ここが勝負なわけですねー。

うーん、
単にギターを弾いてるだけでも
上級者にはなれない、といったところでしょうか。

そんなレコーディングの話なんかも聞けちゃう、
「気楽にシビアに!ギターレッスン♪」
いかがでしょうかー?(笑)

 

(2010年11月24日(水) 0:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

失敗談から裏技まで、楽しさをとことん体感できるレッスンです

ブログ記事 ページ先頭へ