サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 ギタースクール・アンジー スクールブログ アコギを弾こう...

アコギを弾こう!

どうも講師のYujiです。

どうでもイイ話ですが、僕は名字で呼ばれるより、名前で呼ばれたい派です。
だから、これから自分を名乗る時は名前で名乗る事にします。



 ま 、 そ ん な の ど ー で も い い で す よ ね 。笑



さてみなさん、アコースティックギター持っていますか??

アコースティックギターは持っていた方がいいですよー!

本来、ソリッドボディーのエレクトリックギターはアンプに繋いで初めて、楽器と呼べる状態になります。

アンプに繋いでいないギターは、リードがついていない管楽器のようなものです。

それに対してアコースティックギターは…

その本体1つで楽器となります。

…で、なんでアコースティックギターを持っていた方がいいかと言うと…、

まず、弦を押さえる力が違います。

アコギの弦はエレキギターの弦より太いですし、テンションもきつめです。
だから僕はアコギで運指練習なんかしたりします。

アコギで運指練習をすると、指先が固くなりますし、アコギでの運指練習に慣れる事により、力の抜き具合と言うのが分かってきます。
ピッキングにも同様の事が言えると思います。

そしてなによりアコギで弾く事に慣れてから、エレキに戻った時に、とてもエレキが弾き易く感じるのです。

これは、弦が柔らかいものになって押さえ易くなったからと言う理由もありますが、力の抜き具合を会得したからという理由もあります。


もちろん、アコギで弾く事に慣れるまでは、左手も思うように動かないと思いますし、指先も痛くなるだろうし、力んでしまって手が辛くなったり…などあると思いますが、これはもう理屈なしで慣れるしかないとでも言っておきましょう。笑

感覚的には、ドラゴンボールで悟空がナメック星に行くときに宇宙船に搭載していった「重力装置」だと思っていただければ。。笑

でもほら、自分で楽しみを見つけながらやってみると案外すんなりいってしまうものですよ!


そして、次に表現力。
アコギを弾いてみると分かるんですが、ピッキングの強弱が素直に出る楽器なんですね。
なので、ピッキングの強弱の付け方を意識してアコギで弾けれるようになると、それもエレキの方に活きてくるというワケです!

前にも言ったと思いますが、演奏する側になるという事は「表現者になる」って事ですので…。


色々言いましたが、アコースティックギターと言う純粋な楽器を使う事によって、あなたのプラスになる事は確かだと思います。

ぜひ、機会があったらアコギを弾いてみてください!!

 

(2007年6月17日(日) 1:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

某大会最優秀ギタリスト!ポップからフュージョンまでOK

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

どもどもー!! ストリート演奏の時期がやって参りましたね!! 自身のバンド、コーナージャックはもちろんの事、この間は生徒さんを巻き込んで一緒にストリートしてきましたよ!!笑 ストリートは本当に気持ち良いです。 立ち止まってくれる人がいると嬉しいですし。 今年もバン...

tanakaです! 先日ドラムのコダカリ先生と組んでいるインストバンド、corner jackのライブをおこなってまいりました!! @渋谷PLUG!!! スケジュールの都合上、リハなしで挑んだワケですが、改めてバンドの化学反応の素晴らしさを体感いたしました! 全曲テーマ以外は...

tanakaです!! iPad miniを購入しましたっ!! 今までレッスン含め仕事の記録は紙媒体を使っていたのですが、 やっとデジタル化です(笑) ケータイは小さすぎて記録媒体としては使う気がでなかったですけどね、iPadなら大きさ丁度良いしストレスなく使えて重宝してますっ☆...

tanakaです! みなさんはコードフォームって丸暗記してますか? 特に初心者にとってはコードフォーム覚えるのって難しいですよね? でもでも実は… ななんと… 5つのコードフォームさえ覚えてしまえば、あとは平行移動させるだけで、大抵のコードは弾けてしまうんですよ! たっ...

tanakaです!! エフェクター持ってますか?? ギターはエフェクターを繋ぐと一気に可能性が広がりますよ!! エフェクターにはコンパクトエフェクターとマルチエフェクターってのがあるんですが、 初心者の方はまずはマルチエフェクターをオススメします。 マルチエフェクターには色々...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ